40代 髪のうねり

【体験談】40代の髪のうねりは部分パーマで解決!

 

シャニータさん(44歳)のくせ毛体験談

 

40代を過ぎた頃から髪の悩みが尽きません。悩みの中でも特に私を苦しめたのは髪のうねりでした。

 

私の場合、突然というか、急激に髪質に変化が表れました。

 

若い頃は大したケアをしなくてもずーっとストレートでストンストンだった自慢の髪。それが、40代を過ぎたあたりから急にうねるような癖が出てきたのです。

 

 

自慢の髪が衰えていくような気がした私は美容室でも相談を何度もしました。

 

しかし、相談するたびに年齢的に癖が出てきたのかなぁ〜という答えばかりで具体的な対策方法というのが出てきません。

 

「40代にもなればある程度は年齢的なものは仕方がない」というのが美容師さんの一貫した主張でした。

 

 

けれども、黙って見過ごすわけにはいかないという強い思いがあった私はしつこく、なにかないか?と尋ね続けました。

 

そしたら、美容師さんがないことはないけど…と提案してくれたのが、”部分パーマでごまかす”という方法でした。

 

 

縮毛矯正では悩みは解決できない

 

部分パーマの他にも”縮毛矯正”という提案もありました。

 

でも過去に縮毛矯正は経験済みで40代になった私の髪にはちょっと無理があるなと感じていたので断りました。

 

というのも、私の髪はボリュームが少ない方なので縮毛矯正をかけてしまうと”ストンストン”になりすぎて髪がペタンコの印象になってしまうのです。

 

 

私のお気に入りのスタイリングが巻き髪なので、ボリュームが無くなってしまってはお気に入りのふんわりとした巻き髪ができなくなってしまいます。

 

巻き髪ができないという時点で嫌ですし、ボリュームが無くなって老けて見えるのも避けたいところ。なので、縮毛矯正という選択肢は私の中では自動的に却下!だっだんですね。

 

 

うねっている部分だけストパーがスゴい

部分パーマについて詳しく聞いてみると、私の髪の場合

 

「トップと毛先10センチはボリュームを持たせて、間のうねってる部分にだけストレートパーマをあてる」と、うねりだけを抑えてボリュームは維持できるとのこと。

 

簡単な説明だけではパッとイメージしにくかったですが、なんとなく良さそうだなと感じたのと長い付き合いで信頼していた美容師さんだったのでとりあえずその通りでお願いすることにしました。

 

半ば半信半疑でしたが完成した髪形をみてとても嬉しい気持ちになりました。

 

  • トップにボリューム
  • 中段のうねりは綺麗なストレートに変身
  • 裾はクルッと一巻きカール

 

まさに私が理想としていたスタイリングになっていました。こんな技があるんだと感動したのを今でもハッキリ覚えています。

 

理想的なスタイリングと同時に部分パーマで伸ばした髪は手入れも楽ちんです。朝起きたとのきのスタイリングに時間がかからなくなりました。

 

 

まさに私が望んでいた通りの髪型になれたことに大満足です。

 

40代の半ばを過ぎましたが今でもふんわりボリュームのある巻き髪で毎日を快適に過ごしています♪

 

 

 

 

管理人ミサの一言

体験談を寄せて下さったシャニータさんは40代になって急激な髪の変化(うねり)対策として部分パーマで対応したとのこと。

 

部分パーマとは、ポイントパーマなどとも呼ばれています。ストレートパーマとかも部分パーマの1種といえますね。

 

部分パーマは縮毛矯正に比べて使う薬剤が少なく髪への負担が少ないとされています。しかし、弱い薬剤を用いるため効果の継続性という意味では縮毛矯正に劣ります。

 

料金も縮毛矯正が10,000円を超えるのに対して部分パーマなら5,000円〜10,000円程度と安くすみます。

 

髪質にもよりますが、施術後のケア(シャンプーやドライヤー等)をしっかりと行うことで効果の継続性をあるていど延ばすことが可能です。

 

部分パーマは全体にかけるものではなく、パーツによって薬剤の量や時間配分など慎重に行う必要がある技術力が必要とされる施術法と言われています。

 

施術をする際には、信頼できる美容師を選ぶほか、施術前にしっかりと説明を受けて納得してから行う必要がありますね。


 

近所で信頼できる美容師さんを探すならコチラが参考になります。⇒ホットペッパービューティー

 


40代から髪のうねり…老けて見えちゃう!

加齢によってうねりが出た髪だと、見た目にもわかりやすく”年齢”がでてしまいます。

 

残念ながら髪には年齢がでちゃうんですね。

 

20代や30代でも「出産」や「ダイエット」「ストレス」などの影響でホルモンバランスが乱れ一時的に髪がうねったりすることがあります。ただ、20代30代で発生するうねりってだいたいは元通りに戻ることが多いんです。

 

それは20代や30代の頭皮はしっかりと活動してるからなんです。

 

ところが、40代になってくると話は変わってきます。あるとき急に髪がうねりだします。なんの前触れもなく。

 

そして、怖いのは放おっておくとそのまま元にもどることなくうねうねとうねり続けてすっかり別人のような髪になってしまうということ。

 

頭皮の活動が鈍り乱れたホルモンバランスの影響をずっとずっと引きずってしまうんです。

 

40代の髪のうねりは頭皮の老化が原因!

 

40代からの髪がうねるのは残念ながら頭皮の老化が進行し始めているから。

 

なんとなく分かってはいるけど・・・って言う人は多いはず。認めたくない事実ですけどね。

 

ちゃんと現実を見つめずに頭皮の老化を放おっておくと、自分でも気がつかないうちに髪のうねりはどんどん進行してしまいます。

 

40代を過ぎて髪がうねりだしたなと気づいたら【頭皮の老化】と真剣に向き合いなるべく早めの対策を始める必要があります。

 

 

40代のうねり髪の原因【頭皮の老化】とは?

肌と同じように頭皮も加齢とともに老化してしまいます。お肌の老化現象とメカニズムはまったく同じです。

 

加齢が進むと地肌の水分を保持するチカラがどんどん衰えてしまいます。つまり、地肌のうるおいが失われていくんです。

 

潤いを失った肌はやがて細胞が枯れ、ハリを失い、いつしか【たるみ】や【しわ】など年齢のサインとなって現れます。

 

頭皮とお肌の決定的な違いは皮脂の分泌量にありますが、頭皮の加齢が進むとこの皮脂の分泌量も比例して減少します。

 

結果、年齢を重ねると髪も頭皮も乾燥傾いてしまいます。

 

髪や頭皮が乾燥すると髪はうねる!

頭皮がうるおいを失うと様々な症状が表れます。その症状のどれもが髪のうねりを加速させる原因となるのです。

 

 

頭皮のうるおいが失われるとこんな症状が起きやすくなります。

バリア機能が低下。

うるおいを失った細胞はストレスに弱くなりダメージを受けやすくなります。

 

頭皮は毎日浴びる紫外線や汗、シャンプー、スタイリング剤などたくさんのストレスに晒されるパーツです。

 

うるおいを失いバリア機能が低下するとストレスに対して免疫力がなくなりますます老化が加速してしまいます。

 

ハリがなくなり毛穴がたるむ

乾燥した肌はガサガサになりやがてハリや弾力のない肌になってしまいます。

 

頭皮も同じでハリがなくなると目に見えないレベルでハリや弾力を失ってしまいます。

 

ハリや弾力を失ってしまうと頭皮の毛穴がたるみ、生えてくる髪もウネウネとうねってしまうのです。

 

 

新陳代謝が鈍くなり毛穴づまりが起きやすくなる。

ホルモンバランスの影響や加齢によって新陳代謝が鈍ると頭皮のターンオーバーも鈍くなります。

 

古くなった細胞がいつまでも頭皮に残った状態になると毛穴づまりの原因となります。

 

毛穴に汚れや古くなった細胞、皮脂などが詰まると新しく生まれ変わるはずの髪はうねってしまう原因に。

 

また、新陳代謝が鈍ることで毛乳頭細胞で作り出される髪も減って勢いのある真っ直ぐな髪が生えにくくなってしまうのです。

 

頭皮の乾燥、バリア機能の低下、毛穴のたるみ、毛穴づまりetc
40代になるとこれらの様々な要因が重なり一気に髪質は変化して髪のうねりが強くなってしまうのです。

 

もう、考えだしたらうんざりするくらい老化って恐ろしいものですね。

 

 

頭皮の老化を食い止めるには?

じゃぁ、頭皮の老化は諦めるしかないの?って話しですが、厳密には老化の進行を止めることはできません。

 

年齢を重ねることを止められないように老化も止めることはできないですよね。

 

ただ、何歳になってもお肌が綺麗な女性がいるように、頭皮も素肌と同じようにキチンとケアすることである程度は老化の進行を抑えることができます。

 

頭皮の老化を食い止めるために特に重要になってくるのはやはり「保湿ケア」です。

 

頭皮を若い頃のようにしっとりと潤いのある状態をキープすることで、乾燥頭皮が原因の症状(たるみ、毛穴づまり、バリア機能の低下)を防ぐことができます。

 

頭皮の保湿ケアを行い乾燥を防ぐことができれば、結果的に加齢によるうねりを改善することが可能なのですね。

 

頭皮の老化を抑える方法は一つ!「保湿ケア」が重要!

 

 

保湿ケアを始める前に大前提として普段の食生活生活習慣を見直すことを怠ってはいけません。

 

これができていないとどんなに効果的な保湿ケア対策をしても期待通りの効果を得ることは難しいでしょう。

 

喫煙は血行不良の原因になりますし、多量の飲酒は身体の酸化を促進しお肌の老化を早めてしまいます。

 

その他にも、睡眠不足や栄養不足、偏った食生活は説明するまでもなく髪や地肌に悪影響を及ぼします。

 

こうした、ごくごく当たり前の日常生活を見直すだけでも髪質は劇的に改善されます。

 

日常生活の「常識的に考えてこれって美容に良くないなぁ」と思い当たる生活習慣を見直すことは当然のこととして行っていかなくてはいけないですね。


 

 

 

40代髪のうねり対策【保湿ケア】まずはシャンプーを見直そう!

40代のうねり対策として保湿ケアを考える時、まず始めに見直してほしいのが毎日毎日必ず使うシャンプーです。

 

毎日使うシャンプーが髪や頭皮に与える影響は想像以上に大きいものです。

 

正しいシャンプー選びをすることで期待以上の効果を得られますが、逆説的に言えば間違ったシャンプーを毎日使い続ければ自分の想像を超えるダメージを与えかねないということになります。

 

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎる!

シャンプーは髪と頭皮を洗うもの。しかし、この”洗う”という行為が髪と頭皮の乾燥を招く原因になっているんです。

 

現在市販されているシャンプーのほとんどは、洗浄力が強い石油系や高級アルコール系の洗浄成分を使用しています。

 

石油系や高級アルコール系の洗浄成分の特徴はなんと言っても洗浄力が強いこと。

 

少ない量で豊かな泡立ちと洗浄力が期待できて、さらに合成成分ということで原料コストも安く大量生産が可能ということで幅広い製品に使用されるようになっています。

 

皮脂の多い男性や頭皮や髪が健康な若い人ならこの洗浄力でも大丈夫なのですが、40代になってデリケートな地肌を持つ女性にとっては刺激が強すぎると言えるでしょう。

 

シャンプーは髪と頭皮の保水力に大きな影響を与える

強すぎる洗浄力は、地肌にとって必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまいます。

 

皮脂は、頭皮や髪にとってはなくてはならない保湿効果とバリア機能の役割を果たしてくれるものです。

 

その皮脂がすっかり無くなってしまうことで、乾燥が進みバリア機能が低下して髪や頭皮の水分の蒸発を加速させてしまうのです。

 

毎日何気なく使っているシャンプーが40代女性の頭皮や髪の老化を促進させてしまっているんです。

 

加齢でうねる髪対策 こんなシャンプーを選ぶべき!

石油系や高級アルコール系の合成洗浄成分が使われている市販のシャンプーだと、洗いすぎによる乾燥が加速してします。

 

市販のシャンプーではダメなら、どんなシャンプーを選べばいいの?ってところですが、やはり通販系のちょっと高機能なシャンプーを選んでいく必要があります。

 

でも、通販系のシャンプーもその機能によって使い方や目的が異なります。

 

40代からうねりはじめた髪にはどんなシャンプーを選べばいいのでしょうか?

 

たくさんあるシャンプーの中から40代のうねり髪に最適なシャンプーを探し出すために最低限押さえておきたいポイントを3つにしぼって解説します。

 

洗浄力が強すぎないシャンプー

何はなくとも、洗浄力が強すぎるシャンプーは控えるべきです。具体的には硫酸系やオレフィン系と呼ばれる界面活性剤を使用しているものは刺激が強く避けるべきと言えます。

 

市販の安価なシャンプーのほとんどはこの硫酸系やオレフィン系の合成成分が配合されています。

 

通販系のシャンプーならこれらの合成界面活性剤を使用していないベタイン系やアミノ酸系のシャンプーが豊富に用意されています。

 

デリケートな時期の頭皮には、なるべくこれらの刺激性がマイルドで洗浄力も適度なアミノ酸系ベタイン系のシャンプーを選びたいところです。

 

 

保湿力

頭皮環境が改善されて皮脂分泌のバランスが自分のチカラで整えることができる状態になるまでは、意識して頭皮と髪を保湿していく必要があると言えるでしょう。。

 

保湿を積極的に行うことで、頭皮環境を改善させるだけではなくて、うねり髪の特徴でもあるパサパサの髪質を扱いやすくすることができます。

 

頭皮環境を改善して、しっとりまとまるような髪質を維持するためにも保湿力の高いシャンプーを選びましょう。

 

 

頭皮と髪の栄養補給

頭皮も髪も身体の細胞は基本的に生活習慣の影響が大きい。

 

しっかりと良質な睡眠をとったりバランスのとれた食事。ストレスのすくない生活を送ることがもっとも効果的。

 

髪や頭皮は生きるための重要度という意味では優先度が低く、体調が悪くなると真っ先に栄養が遮断されるパーツです。(最も重要度が高いのは臓器など生きるために必要不可欠なパーツですね。)

 

なので、髪と頭皮に必要な栄養(タンパク質、アミノ酸、油分、水分etc)を積極的に与えていく機能もしっかりと抑えておきたいところです。

 

 

 

40代になって髪がうねりだしたら試してみて!

  • 適度な洗浄力
  • 保湿効果
  • 髪と頭皮の栄養

この3つのポイントを抑えていて、なおかつ現在ネットで多くの人に支持されている人気のシャンプーをいくつかご紹介します。

 

もし、40代からのうねり髪に悩んでいて自分にあったシャンプーを探しているという人は参考にしてみてください。

 

クイーンズバスルーム薬用ヘアソープ

 

今一番売れているくせ毛用シャンプー
  • 「濡たら柔らかく、乾くと固まる」髪の性質”水素結合”に着目して開発されたシャンプー。
  • 圧倒的な保湿力でくせ毛のメカニズムにアプローチ。
  • 0.01%の配合比率にまでこだわった化学のチカラが詰まったシャンプーです。

 

 

⇒こんな人におすすめ
  • 頭皮の乾燥
  • 髪のボリュームが多い人
  • 仕上がりしっとり重た目の印象にしたい人。
  • ストンとしたストレートを目指す人

 

洗い上がりのしっとりが強いので、頭皮の乾燥や髪のボリュームが多い人、髪が硬い人、シットリ系のスタイリングを楽しみたい人におすすめです。

 

管理人ミサが実際に使ってみた体験レビューはコチラ

 

 

 

haru「黒髪スカルプ・プロ」

 

年齢髪の悩みに特化したシャンプー
  • くせ毛・うねり髪、白髪、抜け毛など、加齢による髪と頭皮のトラブルに最適なシャンプー。
  • 欧米で発毛効果が認められているキャピキシル配合。
  • ノンシリコン・無添加で徹底的な低刺激処方を実現。

 

 

 

⇒こんな人におすすめ
  • 頭皮の乾燥
  • 白髪、抜け毛など老化のサインが出ている人
  • ノンシリコンで軽い仕上がりが欲しい人
  • ふんわり系のスタイリングを楽しみたい人におすすめ。

 

ノンシリコン、低刺激処方のレシピは仕上がりがふんわり軽い印象に。カールや部分的にボリュームが必要なスタイリングを目指す人におすすめ。

 

管理人ミサが実際に使ってみた体験レビューはコチラ

 

 

 

 

 


40代からの髪のうねり、部分パーマで解決!関連ページ

縮毛矯正と保湿ケアで40代のくせ毛を乗り切る!
40代のくせ毛の悩みを縮毛矯正で解決した女性の体験談。縮毛矯正をかけたあとは保湿力の高いシャンプーでしっかりと保湿ケアをする必要があります。縮毛矯正をかけたあとに選ぶべきシャンプーランキングも紹介します。
30年以上くせ毛がコンプレックスの私
くせ毛コンプレックス歴30年以上の彼女が、毎日くせ毛と向き合って手に入れたくせ毛との付き合いかたとは?
50代の髪のうねりを解決するためには原因を正しく知ることから。
スキンケアと同じようにヘアケアにもそれぞれの年齢に適した方法があるみたいです。50代になって気になるくせ毛と正しく付き合っていく方法とは?
頭皮のたるみを解消して加齢によるくせ毛を抑える
あるとき急に髪がうねるようになった。もしかしたら頭皮の老化が原因かもしれません。頭皮がたるむと毛穴も変形してしまいます。頭皮のたるみを改善するために必要なこととは?
加齢によるうねりやくせ毛は、髪の声を聞いて従えばOK♪
くせ毛やうねりを無理矢理に抑えようと思っても上手く行かないと1日気分が冴えなくなっちゃいます。たまにはくせ毛の思うままにスタイリングしてみるといいことがあるかも?!
髪の毛にコシがなくなり、うねり、白髪が出て来ました。
人前にでる仕事だとどうしても身だしなみに気を使うものです。40代になって変化する髪質対策に美容師さんに教えてもらった毎日のヘアケアが有効みたいです。
年齢髪のうねりやクセ毛は地肌のケアで改善
ツヤや手触り、香りなどで選んでいたシャンプーを地肌に優しく負担をかけないアミノ酸シャンプーに替えることで少しず髪の若さを取り戻すことができるようになってきました。