髪の毛にコシがなくなり、うねり、白髪が出て来ました。

コシがなくなってボリュームもダウンしたうねり髪対策

コシがなくなってボリュームダウンしたうねり髪対策は美容師直伝の毎日のヘアケアが有効です。

 

45歳で販売職をしています。

 

40代になった頃から急に白髪が目立ち始めました。

 

そしてだんだんと、髪の毛自体も細くコシがなくなってきて、ボリュームがなくなってくるのが実感できるようになってしまいました。

 


 

髪にコシがないからでしょう。ストレートだった髪が次第にうねり始めて、5年前くらいの髪質とは随分変わってしまいました。

 

 

ボリュームが減り、うねるとまとまりにくい髪を毎朝セットするとにとても苦労するようになりました。

 

 

 

前はストレートで髪の毛を長くしていたのですが、パサパサでボリュームなく、しかもうねってしまうと、正直見た目が汚い印象になっていました。

 

その時始めて「髪質で女の見た目はずいぶんと変わるんだぁ」ってことを痛感させられました。

 

 

 

販売職ということで見た目の劣化を黙って指をくわえて見過ごすわけにはいきませんから、それをどうにか出来ないかと、色々髪型を試してみました。

 

 

 

ふんわりパーマかけてみたり、うねりを抑える為に、ストレートパーマ当ててみたりしました。

 

しかしパーマをすれば髪の毛がダメージがさらに進行してしまいす。

 

傷んでいるとパーマもかかりにくいので、すぐパーマが取れてしまうという悪循環に陥りました。

 

コシのなくなった髪にあえてストレートパーマをあえてるのは失敗でした。

 

 

 

今までは若い美容師さんに切って貰っていたのですが、少し落ち着いた感じの美容室に変えたら、30代の女性美容師さんに切って貰うことになりました。

 

その美容師さんに、「40代になってから髪の毛がうねるわ、ツヤもコシもなくなって、髪がまとまらなくて困ってるんです」と話すと、

 

「どうしても年齢が行くと、うねってきて髪の毛の量も減ってきますからね」と、対策を色々教えてくれました。

 

 

その時に教えてもらったことの一例をあげると

 

「髪型も長ければ長いほど、うねりが出るので、あまり長くしないで肩ぐらいまでの長さに抑えること。」

 

「ふんわり感をだすために、スプレーワックスで髪の毛の間に空気を入れてあげれば、通常よりボリューム感がでるので良いということ。」

 

「ツヤがないのは皮脂の分泌がへっているからとのことで保湿できるシャンプーにかえること。」

 

「髪の毛が傷めば痛むほどうねりがキツクなるので、傷ませない為に、毎日ドライヤーで完全に髪の毛が乾くまで、乾かし切ること」
※生乾きだと髪の毛同士が摩擦で傷んでしまうそうです。

 

「そしてトリートメントやオイルで、最後は髪の毛を保護してあげること。」

 

 

など、加齢によるうねりを抑えるために必要なことをいろいろと教えてもらい早速実践するようにしました。

 

 

 

いままである程度乾いたらそのままで、完全に乾かしてなかったので、キチンと乾かすようになると、髪の毛の状態がまず良くなりました。

 

そして根元から乾かすとボリュームが出ると教えて貰ったので、言われた通りに乾かしてみると、確かに頭を下にして根元から乾かすと髪の毛の向きが上になるので、ボリュームが出てると思います。

 

シャンプーを保湿系のものにかえ、アウトバストリートメントやオイルなどでしっかりと保護することを心がけるようにすると、あれほど、みすぼらしかった髪の毛が、前とそう変わらないぐらいになりました。

 

 

年齢による髪の衰えは誰にでもやってくるでしょう。ただ、なにもしないでいるのと毎日少しずつでも意識してケアするのでは

 

5年後10年後の見た目にずいぶんと大きな差がつくのではないでしょうか。

 

 

シャンプー、ドライヤー、オイルメンテナンスなど毎日できることを重点的にやっていくのが一番の近道ではないかと思います。

 

 

 

繭葉@販売員さん 45歳

白髪は黒髪より水分量が少ない
メラニンホール
たんぱく質80〜85%、水分11〜13%、脂質1〜6%そしてメラニン色素は3%位

 

保湿
白髪対策成分

page top