ヘアアイロン くせ毛

ヘアアイロンでくせ毛をまっすぐストレートするにはどうしたらいいの?

こんにちは。ミサです。

 

 

このページでは、

 

「初めてヘアアイロンを使うけどどうやったら綺麗にできるの?」

 

「ヘアアイロンを使う前にくせ毛の伸ばし方を知りたい!」

 

 

といった方のために、ここぞという場面でくせ毛やうねりに大きな効果を発揮してくれる

 

「ヘアアイロンの効果的な使い方」をご紹介します。


 

 

ヘアアイロンは、熱で髪の形状をコントロールするために用いるアイテムで、
美容業界でも使用されていることからその効果の高さは保証されています。

 

ただ、アイロン部分の温度は200℃近くまで上昇するものもあり取り扱いには、十分な知識と注意が必要になります。

 

200℃って言ったらもはや武器!取り扱いはくれぐれも慎重に!

 

ヘアアイロンの髪へのダメージについてはコチラで詳しく解説しています。
「ヘアアイロンが髪に与えるダメージってどうなの?」

 

 

ヘアアイロンの高温はくせ毛をピンッと伸ばすのに効果的!

ヘアアイロンが髪の形状をコントロールする仕組みは簡単で、

 

髪内部のタンパク質成分同士の結合(たんぱく結合と呼びます。)に働きかけるからです。

 

タンパク質同士の結合がゆるゆるになっている状態が、熱によってギュッっと固まるからなんですね。

 

この作用によってくせの強い髪でも一時的にスッと伸びた状態を維持できるわけです。

 

これはドライヤーの熱だけではできませんから、ヘアアイロン特有の効果と言えます。

 

 

 

ヘアアイロンは機種にもよりますが、100℃くらいの低温から180℃以上の高温まで温度帯を変えることができます。

 

高温になるほど、より綺麗に早く形をつくることができます。
(髪への負担は高温の方が大きくなります。)

 

 

ただ、単に高温のヘアアイロンでプレスすれば誰でも上手にストレートをつくることができるかというと、残念ながらそうわけにはいかなくて、

 

綺麗で持続力のあるストレートをつくるには多少のコツを抑えておく必要があります。

 

 

ここでは、頑固なくせ毛でもスッとますぐなストレートするために抑えておくべき

 

「ヘアアイロンで効果的にくせ毛を伸ばす4つのポイント」をご紹介します。

 

これを理解すると

 

「せっかくセットしてもすぐに崩れてしまう。」とか

 

「なかなか思ったようにストレートにならない」

 

といった悩みを解消することができます。

 

 

ヘアアイロンで効果的にくせ毛を伸ばす4つのポイント

しっかり乾いた髪でセット

髪が濡れている状態でヘアアイロンをあててしまうとなかなか形がつかないだけではなく、

 

髪に大きなダメージを与えてしまいます。

 

髪が濡れているときはまず、しっかりとドライヤーで乾かしてから使用するのが基本です。

 

髪を重力に逆らわずに上から下に

当たり前のようですが、ヘアアイロンを引くときに斜め下や横に向かって伸ばしてしまうと直線的な形が付かずに、

 

内側にカールがかかったような髪型になってしまいます。

 

 

イメージとしては髪をまっすぐに下ろすために少し顔を傾けるような感じにしてヘアアイロンを真下におろします。

 

 

高温・短時間でサッサと

髪へのダメージを気にして中途半端に100℃〜130℃くらいの低温でじっくり何度も当ててしまう人もいますが、

 

髪への負担と考えると120℃も200℃も大差ありません。
(過度なたんぱく結合が進んだ状態を炭化といいますが、炭化は120℃の温度でも発生します。)

 

むしろ熱との接触時間が増えるので低温でじっくり当てる方がダメージが大きくなります。

 

初心者こそビビらずに180℃以上の高温でサクッと短時間で仕上げることを目指すべきです。

 

高温でまっすぐにササッっと当てるのが綺麗なストレートを作る基本です。

 

 

ヘアアイロン用のスタイリング剤を使用する

ヘアアイロンのスタイリング剤はオイル成分が基本なので、水分のように200℃程度の温度では蒸発しません。

 

またヘアアイロンは直接髪に接触しますから髪の表面をコーティングしておくことで摩擦からのダメージを減らすことができます。

 

ストレートの形をつくるためというよりは、髪をダメージから保護する役割りで使用します。

 

スタイリング剤の中には水分が含まれているものもありますから、

 

アイロン用のスタイリング剤を使用したら必ずドライヤーで乾かしてからヘアアイロンを行うようにしましょう。

 

 

以上の4点、どれも当たり前のようですが、一つでも抜けると綺麗にまとまらない髪になってしまいます。

 

 

特に気をつけたいのが水分を避ける点です。

 

ヘアアイロンと水分との相性は最悪といっても過言ではありません。

 

ヘアアイロンを行う前はドライヤーでしっかりと乾かすこと。これだけは絶対に守らないといけません。

 

 

ヘアアイロンで効果的にくせ毛を伸ばす方法まとめ

  • しっかりと乾いた髪でセット
  • 重力に従ってまっすぐ上から下に
  • 初心者ほど高温・短時間でサクッと仕上げる
  • ヘアアイロン用のスタイリング剤を使用する

 

この4点を「ヘアアイロンで効果的にくせ毛を伸ばす方法」としてあげました。

 

ヘアアイロンはくせの強い髪でも一時的にまっすぐに伸ばすことができるという優れた効果があるかわりに、

 

「使い方を間違えれば髪にとって取り返しのつかないダメージを与えてしまう」

 

というメリット・デメリットがはっきりと分かれたアイテムです。

 

 

たとえ毎日使用しなくても、スタイリング剤で保護していても、

 

100℃以上のプレートで摩擦を与える行為はどう考えても髪にとって望ましい行為ではありません。

 

 

だからこそ、ここぞというときに一撃必殺で決めることができるように、

 

細かなことでもいいので綺麗に仕上げるためのコツを抑えておく必要があります

 

 

自宅で短時間でできますから、上手に扱うことができればこれ程頼もしいアイテムは他にありません。

 

この記事が少しでもお役に立てることを祈っています。

 

 

編集 当サイト管理人 ミサ

 

 

くせ毛・うねり髪に人気のあのシャンプーを徹底レビュー!


↓詳細はコチラから↓

くせ毛・髪のうねり用シャンプー【クイーンズバスルーム】を徹底検証!本当にくせ毛に効果があるの?

人気のくせ毛・髪のうねり用シャンプーを実際に使って本音でとレビュー!
難しくなりがちなシャンプーの成分解析もわかりやすく解説しています。

どうしてあのシャンプーはくせ毛・うねり髪に効果があるのか?人気の秘密を探ります!

ヘアアイロンでくせ毛をまっすぐストレートに伸ばす方法関連ページ

くせ毛をドライヤーで効果的に抑える方法
ドライヤーでくせ毛をまっすぐに伸ばしたい人必見。ドライヤーをかける時に気をつけておくべき重要なポイントやオススメのドライヤーなどをわかりやすく紹介しています。
ヘアアイロンが髪に与えるダメージってどうなの?
くせ毛にとって心強いヘアアイロンですが、一歩間違えると取り返しのつかないダメージが?!ヘアアイロン使用時に起こりうるダメージとその予防方を詳しく解説しています。
くせ毛を抑えるブラッシングのコツと正しいブラシの選び方
くせ毛やうねり髪を抑えて綺麗に整えるにはブラッシングに関する知識やコツを抑えておくことが重要です。ちょっとしたコツや正しいブラシを選ぶことで扱いにくいくせ毛が驚くほど改善されます。