頭皮ケアとくせ毛の関係「頭皮が不健康だとくせ毛になりやすい?」

頭皮が不健康だとくせ毛になる!

 

当サイトではくせ毛の原因としてもっとも大きいのは「髪のダメージ」であるということを一貫してお伝えしています。

 

事実、髪のダメージを修復したり、髪を直接保湿することで、くせ毛や髪のうねりは扱いやすくなってくれます。

 

 

しかし、いくら髪のダメージ修復や保湿、保護に時間をかけたところで、時間が立てば新しい髪が生えてくるわけです。


頭皮の健康が維持されていないと、次々と生え変わってくるのはくせの付いた髪やうねうねにうねる髪ばかりです。

 

髪を生やす仕組みとなる器官があるのが頭皮なわけですから、当然頭皮の環境が綺麗な髪を生やす環境になっていなければ、真っ直ぐな髪は生えてきません。

 

頭皮の健康を維持すれば「くせ毛や髪のうねり」を治すことができるとは言いません。くせ毛や髪のうねりは個人の遺伝的な要素が大きく関係するからです。

 

 

しかし、「頭皮が不健康な状態になっていれば、くせ毛や髪のうねりはヒドくなる。」これは断言できます。

 

 

頭皮の環境はくせ毛やうねりに大きな影響を与えます。

 

頭皮が不健康な状態ってどんな状態?

頭皮が不健康な状態になると、目に見える症状(自覚できる症状)と目に見えない性(自覚しにくい症状)の2つがあってこれらが複雑にからみ合って発症します。

 

目に見える症状として一般的に以下のような症状が表れます。

 

目に見える頭皮の症状(自覚できる症状)と

 

フケ・かゆみ

主に2種類の症状があって、パラパラと粉をふいたような乾燥したフケ「乾燥性フケ」と、べったりと脂っぽくて大きい塊となって発生する「脂性フケ」に分かれます。

 

べたつき

皮脂の過剰な分泌が原因となって頭皮全体は脂っこい状態になります。頭皮の皮脂が過剰に分泌されると毛穴から伝わって髪全体がべたついてしまいます。

 

匂い

皮脂臭、加齢臭、疲労臭の3つに分類されます。それぞれ発生する原因は違いますが、どれも健康な頭皮に比べると不快な匂いを発生させます。

 

ニキビ・湿疹

頭皮にいわゆる「できもの」ができてしまう状態。通常のニキビに加えて、「カビ」が原因となって引き起こされる「脂漏性皮膚炎」にわけることが出来ます。

 

乾燥

その名の通り、頭皮がカピカピに乾燥してしまうことです。頭皮の乾燥は皮脂の分泌が正常に保たれていれば起こることはありませんが、シャンプーでの洗いすぎなどが原因で引き起こされてしまいます。

 

※乾燥はほぼ全ての他の症状に影響を与える「頭皮の不健康の源」といっても過言ではない症状です。くせ毛に限らず頭皮の乾燥を自覚したならなんらかの行動を起こさないと後々後悔する結果になってしまいます。

 

目に見えない部分ではもっと重大な症状が引き起こされている

フケ、かゆみ、べたつき、匂いなど、これらの症状が発生する頭皮では目に見えない部分でも深刻な症状を引き起こしています。

 

そして、目に見えない症状の方がくせ毛や髪のうねりに与える影響がより大きいのです。

 

 

目に見えない症状(自覚しにくい症状)

 

毛穴づまり、毛穴の汚れ

「フケ、べたつき、イヤな匂い」など皮脂の分泌量が原因で引き起こされる症状が現れている下では、過剰に分泌された皮脂やフケなどが毛穴に詰まってしまうということが起きています。

 

過剰に皮脂が分泌されると何種類も存在する皮膚常在菌と呼ばれる菌のバランスが崩れます。異常に繁殖した菌によって皮脂が分解されると頭皮や毛穴にとって有害な物質を数多く排出します。

 

これらの排出された老廃物などが毛穴につまると炎症をおこしたり、毛穴づまりの原因になります。毛穴が詰まると髪が伸びるのを妨げてしまうため真っ直ぐに綺麗な髪がうまれてこなくなってしまいます。

 

頭皮・毛穴のたるみ

「乾燥やニキビ・湿疹」が発生する頭皮はで水分バランスが崩れていたり、頭皮の血流が滞りがちになったりする影響で頭皮の細胞がハリや弾力性を失い、地肌のたるみを引き起こします。

 

頭皮も顔や手足の皮膚と同じように保水力や保湿力がとても重要で水分を維持する力が弱くなれば皮膚(頭皮)はたるみ結果、毛穴のたるみを引き起こしてしまいます。

 

たるんだ毛穴から生まれる髪は無理矢理押し出されるように生えてくるため髪の形状がゆがんでくせ毛や髪のうねりの原因になります。

 

 

頭皮の血行不良・血流不足

乾燥やフケ・かゆみ、ニキビ・湿疹が見られる頭皮では、新陳代謝がうまく機能しないで地肌が凝り固まったり、ターンオーバーが上手く機能しなくなったりしています。

 

新陳代謝が遅れると古くなった細胞が固くなり、地肌のコリの原因となります。血行不良や血流が悪くなると、毛母細胞に働き変える血流が少なくなり、髪が生える力を失います。

 

力なくゆっくりと不規則に押し出された髪は表面がデコボコになったり、くるくると螺旋状に回転しながら生えてしまいます。

 

 

 

このように頭皮では目に見えない形で「くせ毛や髪のうねり」に大きな影響を与える症状が発生することがあります。

 

これらの症状はすべて頭皮の中で起こっていて、生まれる瞬間の髪に対して影響を与えてしまいます。

 

髪の形状は生えて来る瞬間に決まりますから、くせ毛やうねり髪を真っ直ぐに正そうと思うなら、まず髪が生える瞬間の毛穴や頭皮の働きを改善しなくてはいけません。

 

 

頭皮の不健康を生み出す4つの原因

以下に挙げる4つの原因が複雑にからみ合って様々な頭皮の症状を引き起こします。

 

さらに、以下の4つの原因によって「頭皮の不健康な状態」が続くとくせ毛や髪のうねりがヒドくなります。

 

つまり、以下の4つの原因をよく理解することで正しいくせ毛うねり対策ができるということです。

 

 

頭皮の不健康を生み出す根本的な4つの原因

 

頭皮の老化、加齢

頭皮も手足や顔の皮膚と同じ仕組で機能しています。当然加齢が原因で新陳代謝は衰えてしまい新しい細胞が生まれるサイクルが長くなってしまいます。
また、同時に保水力なども低下して乾燥頭皮に傾きやすくなってしまいます。

 

皮脂の分泌量が低下したり、保水力が低下した頭皮は毛穴のたるみや血行不良の原因となります。

 

頭皮の老化は皮脂の分泌量や頭皮の保水力に影響を与えます。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

妊娠、出産、産後、生理、更年期、プレ更年期など、女性は男性に比べてホルモンバランスの変化を起こしやすい身体の仕組みになっています。特に髪を生やす細胞は女性ホルモンの働きに支配されているので、ちょっとしたホルモンバランスの乱れが髪に影響を与えていろいろな負の症状が出やすくなってしまいます。産後、抜け毛が増えたり、加齢とともに薄くなるのはまさにホルモンバランスが関係しているのです。

 

ホルモンバランスの乱れは血行不良を引き起こしたり、皮脂の分泌量が安定しなくなって乾燥や毛穴づまりを起こします。

 

ホルモンバランスの乱れは血行不良、皮脂の分泌量に影響を与えます

 

 

生活習慣の乱れ

ストレス、ダイエット、食生活、睡眠不足。現代の女性にとって日々何事も無く穏やかな毎日を過ごすのはとても難しくなっています。とくに食生活は頭皮や髪に影響を大きく与えます。過剰なダイエットで必要な栄養補給を怠ったり、逆に欧米型の食事で脂質を摂り過ぎたりすると皮脂の分泌量に大きな影響を与えてしまいます。

 

毛穴づまり、頭皮のたるみ、血行不良、乾燥などあらゆる症状を引き起こす原因となっています。

 

生活習慣の乱れはほぼ全ての負の症状に影響を与えます。コントロールが簡単そうで難しい部分です。

 

 

ヘアケアアイテム

シャンプー、トリートメント、ヘアオイルなど髪を綺麗にするはずのヘアケアアイテムが頭皮にとっては脅威になってしまう場合があります。とくに、シャンプーやトリートメントは直接地肌につけるものであるにもかかわらず、未だに正しい知識を持たずにただ、安いからという理由で商品選びをしている人が多いです。

 

特に毛穴づまりや乾燥などを引き起こしますが、比較的改善するのが簡単な部分でもあります。

 

間違ったヘアケアアイテムを選ぶと毛穴づまりや乾燥による頭皮のたるみなど引き起こします。

 

 

まずはできることから対策を

4つの原因を一つ一つ見て対策していくことで頭皮の症状は改善しくせ毛や髪のうねりを抑えることができます。

 

理論上は。

 

しかし、頭皮ケアの原因となっているものをみるとなかなか改善するのが難しいものもありますよね。

 

例えば、老化やホルモンバランスの乱れは生命活動の中でもコントロールをすることが難しい部分です。

 

誰もが年を取りたくない、なるべく若くいたいと思うものですが、老化やホルモンバランスなどは自分の意図しない部分で起こってしまうものです。

 

くせ毛対策として頭皮ケアを考える時は直したくても直すことのできない部分よりも、今スグにできて確実に効果をあげることのできる部分に注力するべきです。

 

今スグに直すことのできる部分とはどんな部分か?

 

それは生活習慣の見直しやヘアケアアイテムを見直すことです。とくに生活習慣はちょっとしたことで劇的に改善する可能性があります。

 

飲酒、喫煙が美容に与える影響はさんざん語り尽くされています。さらに食生活が私たちの身体に大きな影響を与えることは誰もが承知の事実ですよね。

 

以下の5つのポイントを確認しましょう。どれも私たちが毎日簡単に行うことができるものばかりです。

 

しかし、一つ一つの行動にはちゃんと意味があり、毎日続けることで確実に効果を得られます。

 

  • 食生活の改善
  • 運動習慣を取り入れる
  • 頭皮マッサージ
  • 育毛剤を取り入れる
  • 保湿ケアする(適切なヘアケアアイテムを選ぶ)

 

あまり目新しさは感じられませんね。ただ、こういった地味なものほど続けることで確実な効果を得られるわけです。

 

それぞれどのように取りくんでいけばいいのか?どういった効果を得ることができるのか?について簡単に見ていきましょう。

 

今スグできる「くせ毛対策」の視点でみる5つの頭皮ケア

食生活の改善

 

 

食生活の改善

食生活が大切なのは今更言うまでもありません。日々の食事が私達の身体の全てを作っているわけです。

 

当然髪や地肌の細胞の元となるタンパク質や脂質も食事によって賄われています。ここを疎かにすることは髪や頭皮だけでなく外見から内面まで全てを疎かにすることと同義です。

 

糖質や脂質の多い食事をすることで、血液の質がかわり、また汗に含まれる水分の量などもかわってきます。ベタつく汗は毛穴づまりの原因にもなりますし、脂質中心の食生活は血液のめぐりを妨げる原因にもなります。

 

頭皮も髪の食事からできている。

頭皮を形成する皮膚細胞も髪を構成する細胞も、血液も血液を送る血管もすべて私達が普段何気なく摂取している食事で賄われています。

 

タンパク質、脂質、水。これらを材料にして、その他のいろいろな成分の働きによって髪や頭皮細胞がつくられています。

 

当然、材料となるタンパク質や水分などが無くては髪や頭皮はつくることができませんが、タンパク質や水分だけが足りていれば髪や頭皮がつくれるかというと、もちろんそんなことはありません。

 

髪や頭皮をつくるためにはたくさんの栄養素を必要としていて、そのどれか一つ欠けただけでも綺麗な髪をつくることはできなくなってしまうのです。

 

このページでは髪をつくるために必要な成分の中でも特に重要となる3つの成分に絞って解説していきます。

 

 

髪や頭皮に良い3大栄養素食べ物

この3つだけが足りていれば良いというわけではありませんが、この3つなくして健康な髪や頭皮をつくることは難しいのです。

 

とくに女性にとっては髪や頭皮以外の部分でも必要となる成分なので必ず摂るように心がけたい成分です。

 

 

タンパク質

血となり肉となる身体のすべてをつくりだす基本的な材料となる成分です。もちろん髪や頭皮の細胞も全てタンパク質をもとにつくられています。

 

普段の食生活で十分に補うことが容易で意識しなくても必要な量を取ることができる成分ですから無理に意識して摂取する必要はないでしょう。

 

しかし、過度なダイエットなどでタンパク質を避けたりすると必ず身体に不調をきたす原因となるので注意が必要です。特に髪は身体の中でも末端の細胞なのでタンパク質が不足するとすぐに不調が表れてしまいます。

(※身体は重要な器官を先に守ろうとするため、心臓、脳、内臓といった生命維持のために必要な器官を優先的に守るので手足や髪など末端への栄養が一番先に絶たれてしまうのです。)

 

タンパク質を効率よく摂取できる食品

  • 肉、魚、タマゴ、乳製品など動物性タンパク質を多く含む食品
  • 大豆、納豆、豆腐など植物性タンパク質を多く含む食品

 

 

亜鉛

亜鉛は最近になってその重要性が広く一般にも認識されるようになってきましたね。サプリメントなども多数販売されています。

 

頭皮にとって亜鉛はとても有益な成分で、髪の主成分でもあるタンパク質(ケラチン)を合成するときに必ず必要になる成分です。また、ターンオーバー(新陳代謝)を促進する効果もあることから、妊娠、出産、産後や更年期などホルモンバランスが乱れて新陳代謝が滞りがちな時期にはとくに積極的に取り入れたい成分です。

 

その他にも、免疫力の向上やアルコールを分解するときにも活躍する成分で普段のお酒を飲まれる方はサプリメントなども活用して効率的に摂取していきたい成分です。

 

亜鉛は残念ながら体内で貯蓄することの出来ない成分なので、毎日の必要な分を意識的に摂取しなくてはいけません。

 

厚生労働省『日本人の食事摂取基準2010年版』によると、成人女性が1日に必要な亜鉛の摂取が量は約10mgといわれています。妊娠や産後の授乳時のはプラスして2,3mg必要とされています。

 

亜鉛を効率良く摂取することのできる食材

貝類(特に牡蠣)、肉類(ホルモン、レバー)海藻類、ナッツ(アーモンド)

参照⇒厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年度版)亜鉛各論

 

 

各種ビタミン

ビタミンの種類によって、髪や頭皮への働きは変わってきます。しかし、どのビタミンにも共通しているのは血液や血管との関わりが深いということです。

 

ビタミンが不足すると、血流が滞ったり血管が細くなって頭皮の血流不足の原因になります。血流が悪くなると髪をつくる毛乳頭細胞の働きが衰えてしまい結果元気の無い髪が生まれてしまいます。

 

ビタミンは種類がたくさんあるので、大切だと分かっていてもどれをどのように摂っていいのかわからない。そんな方も多いと思います。
「ビタミンの1日の必要な摂取量目安をしってもどうやって摂ったらいいの?」となります。

 

サプリメントで毎日調整しながら摂るのもいいですが、やはりバランスの取れた食事をすることが一番の近道です。

 

こちらも参考になります。⇒ビタミンCを効率よく頭皮の毛細血管に届ける最新技術

ビタミンC 毛細血管を強くする 血行促進
ビタミンA 新陳代謝を促進 頭皮の乾燥、フケ、かゆみをふせぐ
ビオチン 毛細血管を太くして血流を増加 髪の寿命を延ばす

 

ビタミンを効率良く摂取できる食品

  • ビタミンC 野菜、果物、イモ類 ピーマン、トマト、いちご、れもんetc
  • ビタミンA レバー、うなぎ、緑黄色野菜
  • ビチオン 魚介類(カレイ、あさり)、ナッツ類、豆類

 

 

3代栄養素を効率よく摂取するためには

これらの必要な栄養を効率良く摂る方法。これはもう、単純に普段の食生活を見直すことしかないんですね。

 

インスタントや外食ばかりでは栄養は偏るし、栄養バランスのとれた食事であっても一日に一回しか食べないのでは身体によくありません。

 

正しい食事方法というのは現代人であれば皆知っているんですね。

 

3度の食事をキチンと毎日同じ時間に腹八分目くらい食べる。余計な間食はしない。寝る直前には食べない。

 

基本的なことを毎日確実に行うことこそ豊かな食生活を築き上げる基本だし、それがないと美容や健康を妨げてしまうことになってしまうのです。

 

身体が不調になったとき髪や頭皮は真っ先に不調のサインを出します。

 

髪や頭皮が不調のサインを出したなら、真っ先に食生活を見直すことからはじめるべきですね。

 

運動習慣を摂り入れる

 

 

これも髪や頭皮だけに留まらず私達の身体を健全に保つためには必要不可欠な要素のうちの一つです。

 

運動は身体の血液のめぐりをよくする効果があり、血液をテンポ良く循環させることで新陳代謝を活発にして細胞のサイクルを安定的に回すことができるのです。

 

新陳代謝を改善し身体に不都合を生じることがなくなると、気分も改善されストレスによる心身の疲れを改善することにもつながります。

 

運動といっても過激な運動は必要なくて、運動後に心地良い疲労感を感じられるレベルで行うことが大事で、全く運動習慣のない人なら10分や20分のウォーキングだけでも十分にストレス解消効果が望めます。
運動習慣を取り入れることで、頭皮や髪に問題を抱えている人でもこんな良い影響を受けることができるようになります。

血行が良くなる

運動によって得られるメリットの一番大きなものは血行が良くなることです。

 

血行とは全身の血液のめぐりのことで、運動をすることによって全身に血液を送る言わばポンプのような働きをする筋肉の量が増えることで血液のめぐりが良くなります。

 

血行が良くなると、頭皮へ栄養をとどける毛細血管の働きも活発になり、髪や頭皮にしっかりと栄養が行き届くようになります。

 

新陳代謝が良くなる

血行が改善されれば全身に血液が行き届くようになります。血液のめぐりが良くなることで全身の細胞活動が盛んになり新陳代謝が促されます。

 

綺麗な肌とは規則正しいターンオーバー(新陳代謝)によって常に新品で潤いのある細胞で満たされている肌のことです。

 

新陳代謝が活発になることで、髪の伸びるスピードも正常化し、くせ毛や髪のうねりの改善が期待できます。

 

ホルモンバランスを整える

毛髪に影響を与えるのは女性ホルモンですが、女性の場合、生理、妊娠、出産、加齢などで女性ホルモンの分泌量が変わるのでホルモンバランスが乱れがちです。

 

不安定な女性ホルモンのバランスはそのまま頭皮や髪に影響を与えます。運動することでホルモンの分泌は正常化されるので、髪や頭皮が「ホルモンバランスの乱れ」の影響を受けにくくなります。

 

ストレスを解消できる

運動をすると呼吸器や循環器系働きが活発になり、リラックスを生む副交感神経の働きが高まります。

 

また血行が良くなることで栄養や酸素が行き渡るようになれば疲労物質や老廃物の排出も活発になり身体全身をリラックス状態にすることができます。

 

そうすることで、筋肉のコリなどがとれ血流はさらに増えるという好循環を生むことができるようになります。

 

頭皮マッサージ

 

頭皮マッサージも簡単に行うことのできる頭皮ケアの一つです。

 

コリをほぐし血流を改善することができるのでくせ毛や髪のうねりだけではなく薄毛や抜け毛などより深刻な髪の悩みに絶大な効果を発揮してくれます。

 

またクレンジングシャンプーなどを併用することで毛穴ケアも同時できます。お風呂で髪を洗うついでに頭皮を温めマッサージを行うことで頭皮の血流は大幅に改善されます。

正しい頭皮マッサージで得られる効果

頭皮マッサージは毎日行う必要はなくて週に1,2回行うだけでも十分に効果を得ることができます。しかも、正しい頭皮マッサージを行えば頭皮の血行を良くするだけではなく頭皮にとって良い影響をたくさん手にすることができます。

 

具体的に頭皮マッサージで得られる効果はこんなものがあります。

 

こんなにもたくさんある頭皮マッサージの効果

  • 血流がよくなって頭皮の新陳代謝が上がる
  • 頭皮のコリをほぐしてたるみを防ぐ
  • 毛穴クレンジング効果で毛穴なすっきり
  • 毛穴のたるみも解消できて髪が素直に生える
  • 頭皮を柔らかくすることで毛母細胞の働きを邪魔しなくなる

 

頭皮マッサージを効果的に行うための注意点

ただ頭皮をマッサージするだけでは正しい効果を得ることはできません。

 

特に頭皮はデリケートな部分ですから、間違った方法で行うと頭皮を傷つけてしまうばかりでなく、全くマッサージの効果のを得られなくなってしまいますから注意が必要です。

 

頭皮マッサージをするときはこの辺に注意して下さい

  • 爪を頭皮に立てない。
  • 強く押し当てない
  • ゴシゴシし過ぎない
  • 長時間行わない
  • 毎日はやらない
  • なるべく濡れた髪では行わない

 

頭皮はシャンプーをするだけでも負担がかかっています。そこへさらにマッサージでゴシゴシすると頭皮は確実にダメージを受けます。

 

頭皮は物理的なダメージには特に弱いので、引っ掻く、擦るなどは特にNGです。

 

また、髪についても同様で摩擦でキューティクルが損傷すると、そのダメージ部分からどんどん水分は蒸発します。髪に必要なタンパク質や皮脂まで流れ落ちてくせ毛や髪のうねりの原因となるので注意が必要です。

 

髪は濡れると柔らかくなりキューティクルが開くという特性を持っています。キューティクルが開いた状態で摩擦を加えるとあっという間に傷んでしまいますから、頭皮マッサージを行うときななるべく乾いた状態にオイルを使用することが望ましいです。

 

ただ、どうしても濡れた髪でやる場面になったときはあまり長時間行わないことを意識しておきましょう。

 

簡単4ステップ自宅でできる正しい頭皮マッサージの方法

正しい頭皮ケアマッサージの方法をわかりやすく4ステップで紹介します。

 

ここでは大前提として、「お風呂で髪を洗う前、乾いた髪にオイルを使用しながら行うマッサージ方法」として紹介しています。

 

難しく考えずにやってはいけないことを頭に入れながら行いましょう。

 

目をパチパチ、眉をグイグイ

目をパチパチさせたり、眉を上下にグイグイと動かしてみてください。頭皮の一部、もしくは頭皮全体が動くのが分かると思います。この動きを20〜30秒間行います。(動く範囲は個人差があるようです。)

 

「目をパチパチ、眉をグイグイ」実はこれを行うだけでも頭皮にとっては非日常の動きとなりますから運動刺激を与えることができて血行促進効果を期待することができます。

 

また、頭皮マッサージの基本的な頭皮の動きはこの「目をパチパチ、眉をグイグイ」させた時の動きと同じです。

 

「頭蓋骨を動かさずに頭皮だけを動かす感覚」この感覚こそ頭皮マッサージには一番重要で、目をパチパチ、眉をグイグイしながら「頭蓋骨を動かさずに頭皮だけを動かす感覚」を掴んで下さい。

 

 

指じゃなくて頭皮を動かす

「目をパチパチ、眉をグイグイ」で得た感覚をそのまま利用します。次は手の平全体を使って頭皮を前後に動かします。

 

最初は眉をグイグイと上下に動かしながら手のひらでサポートとするように動かすと動かし方のコツが掴めると思います。

 

この時に注意したいのは手のひらを頭皮の上で擦らないようにすることです。擦ると摩擦で髪や頭皮に余計なストレスを与えてしまいます。手のひらは頭皮の上で動かさずに頭皮だけを動かす感覚です。

 

この動きを20秒間を30秒のインターバルを挟んで3回ほど行います。20秒動かしたら30秒くらい休んで、また20秒動かすといった具合です。長時間ずっと動かし続けるのは頭皮に摩擦ダメージを与えてしまいます。

 

 

指の腹で頭皮全体を動かす

このステップからオイルを使用します。この時に使用するのはクレンジングオイルや専用のマッサージオイルなど頭皮にとって刺激となるような成分が含まれていなものを使用します。
⇒頭皮マッサージで使用するオイルってどんうなものがいいの?

 

オイルをたっぷりと手のひらにとり、頭皮全体になじませます。髪に摩擦が加わらないように指の腹でゆっくり頭皮をなでるように馴染ませましょう。

 

オイルが馴染んだら頭皮を動かすのを中指、人差し指、薬指の3本の指を使って行います。親指、小指を使うと指が立った状態で頭皮に当たりやすくなってしまい、余計な力が入ってしまうので、親指小指は利用しません。

 

頭皮に指を軽く押し当てて頭皮と指を同時に動かす感覚で行います。動かす幅は小さくできるだけゆっくりと行います。ここでも髪の上を擦るような動きは厳禁です。

 

こめかみ、襟足、おでこなど髪が生えていない頭皮周辺部分もマッサージを行います。頭皮だけではなく頭全体の血行促進を図るのがコツです。

 

これを先程と同じように、「20秒動かしたら30秒休む」を3セット行います。

 

 

仕上げのシャンプーは予洗いと本洗いで

仕上げのシャンプーも気を抜かずに行います。まずは、オイルをさっと流すために予洗いをします。

 

手のひらで泡だてたシャンプーを頭皮に馴染ませます。ここでは、頭皮も髪も擦らずにただなじませるだけです。

 

馴染んだところで一度洗い流して、もう一度シャンプーで本洗いしましょう。

 

オイル成分はなかなか落ちにくいと思い込んでゴシゴシ洗うのは厳禁です。オイル成分はシャンプーの界面活性剤で全て浮き上がりますから、慌てずにゆっくりと泡をなじませるように行うことが大切です。

 

 

 

頭皮マッサージの4ステップはこれだけです。物足りないと思う方もいると思いますがが、頭皮は想像以上にデリケートな皮膚でひっかくことはもちろん、擦るだけでも表面の細胞が壊れてしまいます。

 

「いかに頭皮にストレスを与えずに血行促進を図るか」これが重要で、1回のマッサージにかける時間は5分程度が目安です。

 

あまり長時間ダラダラとマッサージをつづけると返って髪や頭皮にとって負担となってしまいます。

 

頭皮マッサージの効果をアップさせるコツ

上にあげた4ステップを行う際に細い部分だけど、きをつけておくとマッサージ効果を高めることのできるちょっとしたコツを伝授します。

 

オイルを温めておく

オイルは冷たくなるとテクスチャが固くなり肌なじみが悪くなります。使用前にお風呂のお湯で軽く湯煎しておくとサラサラの肌なじみによい状態でマッサージを行うことができます。

 

呼吸をしながら

血行促進にとって重要な血液の動きは安定した心臓のリズムによって作られます。呼吸を安定させることでより酸素や栄養成分を効率的に届けることができます。

 

ゆっくり優しく

頭皮の下にあるのは毛細血管で、凝り固まっている頭皮の毛細血管はとてもモロい状態になっています。早く動かすのは毛細血管を切ってしまう原因になるので動かすのはゆっくりが原則です。

 

オイルでクレンジング

オイルを使用することで毛穴に詰まった汚れを浮かすことができます。シャンプーと違ってオイルは皮脂を溶かすことができるので優しく洗浄することができます。

 

 

頭皮マッサージを行う最適なタイミングは?

髪は濡れるとキューティクルが開き摩擦などに極端に弱くなってしまいます。頭皮マッサージを行うときはなるべく髪が濡れていない状態が理想です。

 

また、シャンプー前に行うことで髪や頭皮に対するストレスを最小限に抑えることができます。シャンプーして、オイルマッサージを行ってまたシャンプーをするというのは髪や頭皮にとって大変負担がかかります。

 

万が一髪を濡らしてしまった場合は一番最初にオイルを馴染ませてしまいましょう。極限まで摩擦を減らすように心がけて行う必要があります。

 

シャンプー前の髪が濡れていない状態で始めるのが最適!

 

頭皮マッサージで使用するオイルってどんなものがいいの?

頭皮マッサージで使用するオイルの主な目的はマッサージ時の摩擦を抑えることです。また、オイルを使用することで、毛穴に詰まった皮脂汚れを溶かす働きもオイルにはあります。

 

シャンプーの界面活性剤は脂を包んで浮かす役割りを果たしますが、オイルは皮脂そのものと溶け合って(中和)浮かび上がらせるので効率的に毛穴の汚れをケアできます。

 

そんな頭皮マッサージで使用するオイルですが、絶対条件として「皮膜を形成する成分が含まれていない」ということが挙げられます。

 

勘違いして皮膜成分(合成シリコーンやポリマー成分)を配合したヘアオイルを使用する方がいらっしゃいますが、皮膜成分は頭皮にとって悪影響となりますから注意が必要です。

 

 

頭皮マッサージにおすすめクレンジングオイル

クレンジングオイルとしておすすめできるものには2つのタイプがあります。

 

1つ目は敏感肌用のクレンジングオイル。もう一つはピュアオイルと呼ばれる純度の高いピュアオイルです。どちらも低刺激性が特徴のオイルです。

 

クレンジングオイルは主に顔のメイク落としなどに使用されるものをそのまま頭皮マッサージでも使用します。頭皮は顔に比べるとデリケートな部分なので敏感肌用のものを選びたいです。

 

ピュアオイルの方が頭皮への刺激は少ないですが、クレンジングオイルのように界面活性剤が入っていないためすすぐ時に多少の時間と慎重さが必要となってきます。

 

 

 

敏感肌用クレンジングオイルではこの辺が有名ですね。低刺激くせ毛さんのデリケートな頭皮でも問題なく使えます。

敏感肌クレンジングオイル

ファンケル マイルドクレンジングオイル

初回限定 トライアルボトル (500円/60ml 送料無料)

 

オルビス クレンジングリキッド

(1,440円/150ml 送料無料)

 

 

ピュアオイルはその性質上、どうしても価格が割高になりますが、低刺激性や頭皮への親和性などはクレンジングオイルの比ではありません。

 

とにかく刺激ゼロで最上級の頭皮マッサージを演出したいならこちらがおすすめ。

ピュアオイル

ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル

お試しボトル (3,000円/34ml+送料640円)

 

 

オイルやってシャンプーやっては面倒くさいという人におすすめ

オイルマッサージしたあとにシャンプーは面倒くさいと言う人、こんなタイプのシャンプーもありますよ。

 

もちもちの泡で頭皮のクレンジングすることを目的としたシャンプーです。

 

レアオイルを配合していて洗いあがりの保湿性にも優れています。このページで紹介しているような丁寧な頭皮マッサージを行う時間がないときなどに便利なシャンプーです。

 

毎日使うことを前提としていません。3日に一度くらいのスペシャルケアとして頭皮のクレンジングをするならコチラもおすすめですね。頭皮マッサージとはまた別の話になりますが。

 

育毛剤を摂り入れる

 

育毛剤というとてっぺんの寂しくなった殿方達が使うものという認識をもってらっしゃる方も多いとおもいます。
しかし、最近では女性用の育毛剤市場は年々大きくなっています。インターネットの普及で今まではずかしくて購入するどころか相談することもできなかった女性の薄毛に関する悩みが一気に開放されたというところでしょう。

 

その規模に合わせて育毛剤の質やレベルが上がってきていて、最近では薄毛になる前の20代の女性もが予防ケアとして育毛剤を取り入れる程です。

 

育毛剤の利点は血流改善や発毛効果が認めれている成分を取り入れることができることです。血流を改善し、元気の無かった髪と頭皮に活力を与えるのはなにも薄毛だけに有効なわけではありません。

 

健全な頭皮からこそ綺麗な髪は生まれるわけですから、くせ毛や髪のうねりの問題を抱えている女性も積極的に活用していくべきだと思います。

「血行促進」で元気な髪を手に入れる


弱った頭皮から生えてくるのはデコボコとしてうねる髪です。

 

こうした、デコボコした髪、ウネウネとうねる髪を生えさせないようにするにはまずは、頭皮の血流を改善して頭皮全体が活発に活動できるように「血行を促進」していく必要があります。

 

くせ毛髪のうねりを改善するには「血行促進」が必要不可欠

 

「血行促進」は髪質を大きく左右する

頭皮の血行を促進させることはくせのない素直な髪を作るのに必要ですが、血行を促進させることの効果はくせ毛にだけ有効なわけではありません。

 

血流が改善されると毛母細胞の働きは活発になり髪を作るパワーがアップします。

 

髪は1日に1mm程度伸びると言われていますが、同じ1mmでもスカスカな髪がウネウネと生えてくるのと、ギュッと中身の詰まった丈夫な髪がシュっと生えてくるのではゆくゆくの髪が伸びたときの髪質がまるで変わってきます。

 

血流が改善されて元気な頭皮から生えてくる髪というのはな髪の芯までタンパク質や脂質が詰まっていて結合もしっかりと均整の取れた髪となります。

 

ダメージに強く表面が整っている髪はツヤと弾力がいつまでも綺麗な状態を保つことができます。

 

くせ毛や髪のうねりを改善するためだけではなくて、丈夫で綺麗な髪をつくるためにも「頭皮の血行を促進させる」という取り組み積極的に取り入れていかなくてはいけません。

 

 

血行促進させるの効果的な方法とは

「血行を促進させる」にはいくつか方法があります。

 

運動習慣を身につけて身体全体の新陳代謝を上げる事で血行を促進させることができます。

 

さらに、シャンプーやトリートメントをする際に頭皮マッサージをうまく取り入れることで頭皮のコリをほぐし血流を押し上げることも可能です。

 

どちらにせよ血行を促進させることはあまり難しいことをする必要は無いのです。

 

運動習慣を身につける、頭皮マッサージを取り入れる。どちらも正しい方法で行えば確実な効果を手に入れることができるでしょう。

 

ただ、もっと簡単でもっと確実に頭皮の血行を促進させる方法があります。

 

それが、育毛剤を使用することです。

 

育毛剤は血行を促進させるための専門アイテム

育毛剤は日々進化を続け、育毛剤の市場も毎年右肩上で増加し続けています。育毛剤市場は約650億円(2015年度)でここ数年は毎年5%程度の伸びを示しています。
(参照⇒ヘアケア市場に関する調査結果 2015/矢野経済研究所

 

女性が育毛剤市場に流れてきたことが大きな要因の一つとなっていますが、女性が育毛剤市場に流れてきたことで育毛剤の品質は今までにないような繊細な部分にまで気を配られるようになって品質も格段に向上したように思います。

 

特に髪や頭皮への有効成分ばかりに目を向けられていたのが、女性用の育毛剤が開発されるようになったことから、ボトルデザイン、香り、低刺激性、それから価格についても大幅に改善されるようになりました。

 

女性用の育毛剤の特徴

男性用の育毛剤は主に男性特有の部分ハゲ(男性ホルモンが影響するハゲ)に働きかける成分を配合しているのに対し、女性用の育毛剤は頭皮への栄養成分が主となっています。

 

加えて保湿成分血行促進成分など比較的マイルドで地肌への刺激を極力まで抑えたつくりになっています。

 

育毛剤はホルモンに働きかける成分が入っているため女性が男性用の育毛剤を使用する時は注意が必要です。

 

最近では女性用、男性用とはっきりと別れていますからあえて女性が男性用を選ぶ必要はありません。

 

女性のくせ毛や髪のうねりの場合の髪を生やすことが目的ではなく、頭皮や髪の活力の源となっている血行を促進させることが狙いですから、まさに女性用育毛剤はうってつけのアイテムと言えます。

 

育毛剤に期待できる主な頭皮ケア効果

育毛剤は髪を生やすためだけのものではなく、頭皮をすこやかな状態へと導いてくれるものです。育毛剤の効果は主に以下のような物があります。

血行を促進

血行を促進させることが育毛剤の真の目的ですから、血行促進成分が入っていない育毛剤というのはまぁあり得ないわけですが、まれに有効成分が入っていない育毛剤風の美容液なんかも存在していますから選ぶ時はちゃんと確認しておくべきですね。

 

センブリエキス、ショウキョウチンキ、ビワ葉エキスなどが有名なところですね。男性用育毛剤で最近主流となっているミノキシジルやプロペシアという成分がありますが、発毛効果が認めれているけど使用には注意が必要で間違った使用をしてしまうと副作用などがある成分です。

 

女性用の育毛剤には強すぎて配合されていないことがほとんどです。くせ毛や髪のうねり改善のための頭皮ケアとして育毛剤を選ぶならミノキシジル、やプロペシアの入っていないもので十分です。(刺激が強すぎるんですね。)

 

女性ホルモンを調整する

髪の成長に関わるのが女性ホルモンですが、くせ毛や髪のうねりを招いてしまう頭皮ではこの女性ホルモンの働きが乱れている場合がほとんどです。女性には、妊娠、出産、生理などホルモンの働きによって体調が変化しますから多少の乱れは仕方のないことです。

 

ただ、女性ホルモンは髪に直接影響を与えますから、女性ホルモンが乱れると髪にダイレクトに影響がでます。そこで有効なのが女性ホルモンに似た働きをする女性ホルモン調整成分です。

 

カンゾウエキス、ヨモギエキス、フラボステロン、オトギリソウエキスなどが有名で、イソフラボンなどはバストアップの商品にも配合されるなど高い女性ホルモン調整作用が確認されています。育毛剤は頭皮に直接使用するものなので、妊娠中の女性やホルモンの治療を受けている方でも使用でき副作用の心配も過剰にする必要はありません。

 

保湿効果

くせ毛や髪のうねりの一番の原因はなんといっても乾燥です。これは当サイトでも口を酸っぱくしてお伝えしていますが、髪のダメージ部分から水分が蒸発したり皮脂が流れ落ちてるしまうと髪は急激に変形してしまいます。

 

また、頭皮が乾燥することで、毛穴自体が変形してしまい、生えてくる髪もウネウネとうねってしまいます。女性用の育毛剤には保湿効果を期待する成分が必ず配合されています。

 

購入前にはどういった保湿成分が配合されているのかを確認するようにして下さい。

 

 

 

くせ毛や髪のうねり対策で始めた育毛剤を買う人におすすめの女性用育毛剤

「くせ毛や髪のうねりを生む頭皮におすすめ女性用育毛剤の選び方」を踏まえた上で数ある女性育毛剤のなかでも特におすすめできる3つの育毛剤をご紹介します。

 

女性育毛剤は市販のものも合わせると百を超える種類が発売されています。そのなかからどういったものを選んでいいのか?一つの参考にしてみてください。

 

当サイトでご紹介しているのは、販売実績、効果、口コミなど品質が保証されているものばかりです。さらに価格も求めやすいようなものを選んでいます。

 

始めての育毛剤選びでも失敗しない3つの育毛剤なのでしっかりと比較検討してみてください。

 

 

マイナチュレ

 

無添加無香料 敏感でデリケートな地肌ならマイナチュレ

  • 計11種類の化学成分が無添加
  • 3年連続モンドセレクション金賞銀賞受賞
  • モニターの9割近くが満足と答えた実感力が人気

育毛専門メーカーが開発した女性用育毛剤です。

 

女性のヘアサイクルに着目して開発された育毛剤は、男性用のように強力な成分を用いずに低刺激で頭皮や髪への負担をなるべく抑えることに注力されています。

 

女性が毎日使用するもとして開発されているので、余計な香り、テクスチャ成分などはカットされつけたあとの匂いやべたつきも気になりません。

 

 

 

ベルタ育毛剤

 

頭皮ケア成分配合業界ナンバー1。総合力で選ぶならベルタ

  • 業界最大級53種類の天然由来頭皮ケア成分配合
  • 32の成分で超ナノ化に成功浸透性が高い
  • 各種ランキングで1位を独占一番人気の女性用育毛剤

酵素ドリンク、葉酸サプリなどでお馴染みのベルタブランドの育毛剤。

 

成分の99%以上が頭皮ケア成分のみで作られている超濃縮タイプなので1日1回の使用で済みます。

 

女性用のヘルスケアブランドなので女性特有の悩みにもしっかり対応。アフターケアも万全でカスタマーサポートの好感度も口コミ評価が高く安心して続けることができます。

 

 

 

薬用育毛剤 花蘭咲

 

エビネ蘭由来の育毛成分配合 『血行促進』に特化するなら花蘭咲

  • 血行促進効果に優れたエビネ蘭エキスを配合
  • 世界13カ国で特許取得
  • 2回目以降の割引率ナンバー1

日本薬学会で正式に血行促進効果が認められたエビネ蘭エキス(特許取得済み)を配合しているのは花蘭咲だけ。

 

その高い血行促進効果は「頭がぽかぽかする」「低刺激なのにジワーッと効いてる感覚がある」など、つけたその日から実感できるとの口コミ多数。

 

 

3つの育毛剤を比較

単品価格

マイナチュレ 5,503円+送料650円
ベルタ 6,458円+送料648円
花蘭咲 7,560円+送料500円

 

定期コース

マイナチュレ 4,093円(税込) 送料無料
ベルタ 4,298円(税込) 送料無料
花蘭咲 2,592円(税込) 送料500円

 

 

内容量

マイナチュレ 120ml 1ヶ月分 朝晩2回
ベルタ 80ml 1ヶ月分 1日1回
花蘭咲 花蘭咲 120ml 朝晩2回

 

返金保証

マイナチュレ 90日間の返金保証あり 3ヶ月継続必要
ベルタ 初回購入者限定 90日間の返金保証あり
花蘭咲 返金保証なし。初回のみの解約OK

 

育毛剤は半年から1年の長期間で取り組みたい

育毛剤は長期間での取り組みを前提をしているため1ヶ月分づつの定期購入される方が多いです。

 

そのためボトルはちょうど1ヶ月で使い切れるサイズに設定されています。天然由来成分を多数配合しているため開封後、長期間の保存に向いていないという理由もあります。

 

そもそも、育毛剤は血行を促し、血流の改善をしてからターンオーバーが改善されて髪が生える。というかなり時間のかかるサイクルに働きかけるものです。

 

ですから、長期間のスパンで取り組まないとあまり思ったような効果を望めません。

 

しかし、長期間頑張って使用を続けると確実に変化を実感できるので育毛剤を始めるなら長期間続けると覚悟を決めてからの使用をおすすめします。

まとめ

くせ毛や髪のうねりを改善するための頭皮ケアの方法として血行促進させることが効果的です。

 

その方法として血行促進が得意な「育毛剤の活用」はとても有効な方法と言えます。

 

育毛剤に期待できる主な頭皮ケア効果

  • 血行促進する効果
  • ホルモンバランスを整える効果
  • 頭皮を保湿する効果

 

育毛剤というと頭皮の寂しい殿方が使用するというイメージを持たれている方も多いと思いますが、近年、女性用育毛剤の市場は大きく伸びています。

 

インターネットで気軽に購入できること、ボトルデザインなどが可愛くなっていること、育毛効果だけではなく、くせ毛やその他の美髪効果を見込めるということから20代から60代まで幅広い年齢層で支持されています。

 

くせ毛や髪のうねりを改善するには髪の土台となる頭皮の健康を維持することは必要不可欠です。

 

頭皮の血行をよくして血流を改善することで、頭皮は見違えるほど元気になり丈夫でツヤのある素直な髪を手に入れることができるようになります。

 

適切なシャンプーを選ぶ

 

髪や頭皮にとってもっとも怖いのは乾燥することです。乾燥は全ての細胞にとって致命的な問題で髪や頭皮の細胞も水分を失っては健全に機能することはできません。

 

にもかかわらず乾燥はとても身近に潜んでいる問題で、間違ったシャンプーなどを選んでしまうと容易に引き起こされてしまう問題です。

 

とくに市販されているシャンプーは洗浄力が強い洗浄成分(界面活性剤)を使用しているものがほとんどで必要な皮脂を根こそぎ奪い去ってしまい、皮脂を失いバリア機能が亡くなった頭皮を簡単にダメージを与えてしまいます。

 

「乾燥させないこと」と「保湿すること」、これはくせ毛や髪のうねりに悩む女性にとっては至上命題とも言えるもので保湿なくして綺麗な髪は作れないと断言できます。

 

正しいシャンプーを選ぶことは髪や頭皮を乾燥から防ぎ健康で美しい髪でいるための最低限の必要なことです。

 

シャンプーで頭皮は乾燥してしまう!


くせ毛や髪のうねりの悩みの原因や解決策を深掘りしていくと、そのほとんどが『頭皮の乾燥』に行き着いてしまいます。

 

くせ毛やうねった髪自体が乾燥しているのもありますが、そもそも、そんなくせ毛やうねった髪をつくりだす頭皮自体が乾燥してしまっているんです。

 

頭皮が乾燥してしまう原因は年齢による皮脂分泌量の低下やホルモンバランスの乱れが引き起こす乾燥など様々ですが、年齢、性別問わず、『頭皮の乾燥』の最も大きい原因となっているのが、シャンプーによる洗い過ぎです。

 

このページでは頭皮やくせ毛のトラブルのもとになっているシャンプーによる洗い過ぎの影響などに触れながら、どんなシャンプーを選べば良いのかについて詳しく解説していきます。

 

 

市販のシャンプーは気づかない内に乾燥を引き起こす

 

最近になってインターネットなどで盛んに取り上げられるようになりましたが、そもそもスーパーやドラッグストアなどで特価で購入できるシャンプー(ここでは市販のシャンプーと呼びます。)はそれなりの品質で大量生産できることが大前提となっているので配合されている成分などもそれなりの品質になってしまいます。

 

シャンプーは主に、ベースとなる水、頭皮を洗う成分(界面活性剤)、洗いあがりの髪の見た目を整える成分(美髪演出成分)、それとテクスチャや香りなどの品質を調整する成分(調整成分)の4つに大別することができます。

 

シャンプーはこの4つの成分で構成されている

 

  • ベースとなる水
  • 洗浄成分(界面活性剤)
  • 美髪演出成分(シリコーン、保湿成分etc)
  • 調整成分(防腐剤、増粘剤、安定剤etc)

 

シャンプーについては美髪演出成分や調整成分について語られることが多いです。「ノンシリコン」や「無添加」などは美髪演出成分や調整成分で区別されるカテゴリー名です。

 

しかし、シャンプーの品質を決定するのは、シリコーンなどの美髪演出成分でも、防腐剤などの添加物でもなく「頭皮を洗う成分」でもある洗浄成分なのです。

 

 

市販のシャンプーは洗浄力がとにかく強い

 

市販のシャンプーはそれなりの価格で大量生産が大前提となっていますので、使用される全材料はそもそも限られてくるわけです。

 

全てを天然成分でまかなえるわけはなく、コスト面を考えるとどうしても工業用の合成成分を使用せざるを得ないんですね。

 

原材料価格が安い、安定した品質が期待できるということで、市販のシャンプーの洗浄成分には合成洗剤(石油系とか高級アルコール系と呼ばれる)が使用されています。

 

この合成洗剤の特徴はなんといっても抜群の洗浄力が期待できるところにあります。さらに泡立ちや水切れもよくシャンプーを始め台所用洗浄や食器用洗剤などほぼ全ての洗剤が合成洗剤となっています。

 

しかし、この合成洗剤の抜群の洗浄力が頭皮や髪にとってはとても危険な存在となっているのです。

 

必要な皮脂まで根こそぎ奪い去ってしまうシャンプー

頭皮や髪の健康を安定的に良い状態を保つためには、頭皮から分泌される皮脂は絶対に必要です。皮脂は頭皮を乾燥から守ったり、物理的なストレスによるダメージを防いだりする役割りがあります。

 

さらに皮脂は頭皮だけでなく髪内部のタンパク質の隙間を埋め髪の結合を支える重要な役割りも果たしています。

 

この皮脂がなくなると、頭皮は乾燥状態になりいろいろなトラブルを抱えてしまいます。くせ毛や髪のうねりといった症状も皮脂が失われることによって発生したり悪化したりします。

 

市販の洗浄成分は洗浄能力が優れているために、頭皮や髪にとって必要な皮脂まで奪い去ってしまうのです。これがシャンプーによって頭皮や髪が乾燥してしまう一番大きな原因です。

 

添加物の改良や美髪調整成分の性能が向上したので、市販のシャンプーでも洗い心地や洗いあがりの手触りなどは一見するといいので「頭皮の乾燥」に気づきにくくなっていますが、くせ毛や髪のうねりを防ぐ、頭皮をいたわることを考えるなら合成洗剤の使用を見直す必要があります。

 

市販のシャンプーに使用される合成洗剤では洗浄力が強すぎる!

 

頭皮を乾燥させないシャンプーの選び方

頭皮の乾燥を防ぐシャンプーの選び方で一番重要なのはやはり洗浄成分です。

 

洗浄成分は市販のシャンプーに見られる合成洗剤のほか、石鹸系とアミノ酸系の合計3種類があり石鹸系もアミノ酸系も洗浄力は合成洗剤に比べるとかなりマイルドになります。

 

洗浄成分は3種類に分類される

  • 合成洗剤(石油、高級アルコール系)
  • 石けん系界面活性剤
  • アミノ酸系界面活性剤

 

それぞれの特徴(メリット・デメリット)

それぞれの洗浄成分のメリット・デメリットをみるとどんな特性があるのかよく分かると思います。

 

3つの界面活性剤には以下のような特徴があります。

合成洗剤
メリット

洗剤力が抜群。泡立ちがいい。泡切れがいい。原材料コストが安く低価格。

デメリット

洗剤力が強すぎる。刺激性が強い

 

石鹸系
メリット

低刺激、洗剤力がよわい

デメリット

髪がアルカリに傾くので、キシみやすい、ごわつく。リンス剤(中和剤)がないと使えない。泡立ちが悪い。

 

アミノ酸系
メリット

低刺激、マイルドな洗浄力、泡立ちがいい、泡切れがいい、髪と同じアミノ酸で親和性が高い、

 

デメリット

原材料コストがかかる

 

頭皮に優しいシャンプーを選ぶならおすすめはアミノ酸系のシャンプー

「頭皮の乾燥」を防ぐなら洗浄力がマイルでかつ洗っている時のキシみやごわつきが少ないアミノ酸の洗浄成分がオススメです。

 

石鹸系もアミノ酸系もどちらも低刺激で洗剤力もマイルドなのですが、石鹸系は髪をアルカリに傾けてしまう特徴があり、洗っている時にどうしてもきしんだりごわついたりしてしまいます。

 

また、石鹸系は泡立ちもイマイチでキシみやごわつきが大きく普段使いには向いていません。

 

アミノ酸シャンプーはコスト以外はパーフェクト

アミノ酸系の洗浄成分の最大のデメリットは原材料コストが高くなること。天然由来の洗浄成分なので、工業用の界面活性剤に比べるとどうしても価格が高くなりがちです。

 

しかし、価格以外の性能面では大きなデメリットはなく頭皮を洗う洗剤としてはパーフェクトといっていいと思います。

  • 泡立ちがよく摩擦を抑えられる。
  • 泡切れがよく頭皮に残りにくい
  • 洗浄力がマイルドで必要な皮脂は残すことができる
  • 髪や頭皮と同じタンパク質(アミノ酸)なので低刺激

 

頭皮に優しいシャンプーならアミノ酸系のシャンプーがオススメ!

アミノ酸シャンプーの中でも頭皮に優しい保湿系シャンプーがおすすめ

機能面で見ればアミノ酸系を選ぶという選択肢しかありません。アミノ酸シャンプーも現在では多数発売されていて、洗浄能力以外の部分でいろいろな種類に分かれています。

 

アミノ酸系の中でも、ノンシリコン、無添加、オーガニック、保湿力などカテゴリーは細かく分類されています。

 

しかし、「くせ毛や髪のうねりを抑えて頭皮に優しいシャンプー」という視点でみるなら保湿力の高いシャンプーを選ぶのが無難です。

 

たくさんのシャンプーの中でも特にオススメできる保湿系シャンプーはこんな感じのシャンプーです。

 

水素結合に着目した人気ナンバー1くせ毛用シャンプー

 

クイーンズバスルーム薬用ヘアソープ

(500ml/2,484円) トライアルセット有り

 

 

天然保湿成分馬油配合しっとり保湿系シャンプー

 

リマーユシャンプー

(250ml2,484円)シャンプープレゼントキャンペーン中

 

 

脱シリコンで軽い頭皮に東急ハンズ売上第1位

 

uruotte(無香料タイプ)

(260ml/2,592円)初回購入特典付き

 

 

 

くせ毛や髪のうねりを放置した先にあるもの

このページの冒頭でもお話しましたが、
大切なのは「長期的な視点くせ毛ケアを考える」ことです。

 

髪のくせ毛やうねりを改善することはもちろんですが、いつまでも変わらずにずっと綺麗な髪でいることを視野に毎日の頭皮ケアを行っていく必要があります。

 

「くせ毛や髪のうねりは治すことが出来ない」

 

こんな風に諦めてしまっていては、やがてくせ毛だけではなく薄毛や抜け毛などもっと深刻な問題を抱えてしまうことになるかもしれません。

 

頭皮は髪を作る大切な場所です。そして、頭皮は他のどの皮膚よりもデリケートで内外のストレスの影響を受けやすくなっています。

 

だからこそ、日々の小さなケアの積み重ねが大事なんですね。

 

  • 食生活の改善。
  • 運動習慣を取り入れる。
  • 頭皮マッサージ
  • 育毛剤を取り入れる
  • 保湿ケアする(適切なヘアケアアイテムを選ぶ)

 

これはどれも毎日の生活に簡単に取り入れることができるものばかりです。

 

今スグに効果があらわれなくても、半年、一年、それこそ数年単位で見ていくととても大きな差になります。

 

今スグはじめることが出来るものばかりですから、ちょっとした時間を利用して行動してみると、いつかやっててよかったなぁと思えるはずです。

 

 

 

 

 

page top