頭皮ケアはシャンプーで決まる!頭皮に優しいシャンプーの選び方

シャンプーで頭皮は乾燥してしまう!

くせ毛や髪のうねりの悩みの原因や解決策を深掘りしていくと、そのほとんどが『頭皮の乾燥』に行き着いてしまいます。

 

くせ毛やうねった髪自体が乾燥しているのもありますが、そもそも、そんなくせ毛やうねった髪をつくりだす頭皮自体が乾燥してしまっているんです。

 

頭皮が乾燥してしまう原因は年齢による皮脂分泌量の低下やホルモンバランスの乱れが引き起こす乾燥など様々ですが、年齢、性別問わず、『頭皮の乾燥』の最も大きい原因となっているのが、シャンプーによる洗い過ぎです。

 

このページでは頭皮やくせ毛のトラブルのもとになっているシャンプーによる洗い過ぎの影響などに触れながら、どんなシャンプーを選べば良いのかについて詳しく解説していきます。

 


市販のシャンプーは気づかない内に乾燥を引き起こす

 

最近になってインターネットなどで盛んに取り上げられるようになりましたが、そもそもスーパーやドラッグストアなどで特価で購入できるシャンプー(ここでは市販のシャンプーと呼びます。)はそれなりの品質で大量生産できることが大前提となっているので配合されている成分などもそれなりの品質になってしまいます。

 

シャンプーは主に、ベースとなる水、頭皮を洗う成分(界面活性剤)、洗いあがりの髪の見た目を整える成分(美髪演出成分)、それとテクスチャや香りなどの品質を調整する成分(調整成分)の4つに大別することができます。

 

シャンプーはこの4つの成分で構成されている

 

  • ベースとなる水
  • 洗浄成分(界面活性剤)
  • 美髪演出成分(シリコーン、保湿成分etc)
  • 調整成分(防腐剤、増粘剤、安定剤etc)

 

シャンプーについては美髪演出成分や調整成分について語られることが多いです。「ノンシリコン」や「無添加」などは美髪演出成分や調整成分で区別されるカテゴリー名です。

 

しかし、シャンプーの品質を決定するのは、シリコーンなどの美髪演出成分でも、防腐剤などの添加物でもなく「頭皮を洗う成分」でもある洗浄成分なのです。

 

 

市販のシャンプーは洗浄力がとにかく強い

 

市販のシャンプーはそれなりの価格で大量生産が大前提となっていますので、使用される全材料はそもそも限られてくるわけです。

 

全てを天然成分でまかなえるわけはなく、コスト面を考えるとどうしても工業用の合成成分を使用せざるを得ないんですね。

 

原材料価格が安い、安定した品質が期待できるということで、市販のシャンプーの洗浄成分には合成洗剤(石油系とか高級アルコール系と呼ばれる)が使用されています。

 

この合成洗剤の特徴はなんといっても抜群の洗浄力が期待できるところにあります。さらに泡立ちや水切れもよくシャンプーを始め台所用洗浄や食器用洗剤などほぼ全ての洗剤が合成洗剤となっています。

 

しかし、この合成洗剤の抜群の洗浄力が頭皮や髪にとってはとても危険な存在となっているのです。

 

必要な皮脂まで根こそぎ奪い去ってしまうシャンプー

頭皮や髪の健康を安定的に良い状態を保つためには、頭皮から分泌される皮脂は絶対に必要です。皮脂は頭皮を乾燥から守ったり、物理的なストレスによるダメージを防いだりする役割りがあります。

 

さらに皮脂は頭皮だけでなく髪内部のタンパク質の隙間を埋め髪の結合を支える重要な役割りも果たしています。

 

この皮脂がなくなると、頭皮は乾燥状態になりいろいろなトラブルを抱えてしまいます。くせ毛や髪のうねりといった症状も皮脂が失われることによって発生したり悪化したりします。

 

市販の洗浄成分は洗浄能力が優れているために、頭皮や髪にとって必要な皮脂まで奪い去ってしまうのです。これがシャンプーによって頭皮や髪が乾燥してしまう一番大きな原因です。

 

添加物の改良や美髪調整成分の性能が向上したので、市販のシャンプーでも洗い心地や洗いあがりの手触りなどは一見するといいので「頭皮の乾燥」に気づきにくくなっていますが、くせ毛や髪のうねりを防ぐ、頭皮をいたわることを考えるなら合成洗剤の使用を見直す必要があります。

 

市販のシャンプーに使用される合成洗剤では洗浄力が強すぎる!

頭皮を乾燥させないシャンプーの選び方

頭皮の乾燥を防ぐシャンプーの選び方で一番重要なのはやはり洗浄成分です。

 

洗浄成分は市販のシャンプーに見られる合成洗剤のほか、石鹸系とアミノ酸系の合計3種類があり石鹸系もアミノ酸系も洗浄力は合成洗剤に比べるとかなりマイルドになります。

 

洗浄成分は3種類に分類される

  • 合成洗剤(石油、高級アルコール系)
  • 石けん系界面活性剤
  • アミノ酸系界面活性剤

 

それぞれの特徴(メリット・デメリット)

それぞれの洗浄成分のメリット・デメリットをみるとどんな特性があるのかよく分かると思います。

 

3つの界面活性剤には以下のような特徴があります。

合成洗剤
メリット

洗剤力が抜群。泡立ちがいい。泡切れがいい。原材料コストが安く低価格。

デメリット

洗剤力が強すぎる。刺激性が強い

 

石鹸系
メリット

低刺激、洗剤力がよわい

デメリット

髪がアルカリに傾くので、キシみやすい、ごわつく。リンス剤(中和剤)がないと使えない。泡立ちが悪い。

 

アミノ酸系
メリット

低刺激、マイルドな洗浄力、泡立ちがいい、泡切れがいい、髪と同じアミノ酸で親和性が高い、

 

デメリット

原材料コストがかかる

 

頭皮に優しいシャンプーを選ぶならおすすめはアミノ酸系のシャンプー

「頭皮の乾燥」を防ぐなら洗浄力がマイルでかつ洗っている時のキシみやごわつきが少ないアミノ酸の洗浄成分がオススメです。

 

石鹸系もアミノ酸系もどちらも低刺激で洗剤力もマイルドなのですが、石鹸系は髪をアルカリに傾けてしまう特徴があり、洗っている時にどうしてもきしんだりごわついたりしてしまいます。

 

また、石鹸系は泡立ちもイマイチでキシみやごわつきが大きく普段使いには向いていません。

 

アミノ酸シャンプーはコスト以外はパーフェクト

アミノ酸系の洗浄成分の最大のデメリットは原材料コストが高くなること。天然由来の洗浄成分なので、工業用の界面活性剤に比べるとどうしても価格が高くなりがちです。

 

しかし、価格以外の性能面では大きなデメリットはなく頭皮を洗う洗剤としてはパーフェクトといっていいと思います。

  • 泡立ちがよく摩擦を抑えられる。
  • 泡切れがよく頭皮に残りにくい
  • 洗浄力がマイルドで必要な皮脂は残すことができる
  • 髪や頭皮と同じタンパク質(アミノ酸)なので低刺激

 

頭皮に優しいシャンプーならアミノ酸系のシャンプーがオススメ!

アミノ酸シャンプーの中でも頭皮に優しい保湿系シャンプーがおすすめ

機能面で見ればアミノ酸系を選ぶという選択肢しかありません。アミノ酸シャンプーも現在では多数発売されていて、洗浄能力以外の部分でいろいろな種類に分かれています。

 

アミノ酸系の中でも、ノンシリコン、無添加、オーガニック、保湿力などカテゴリーは細かく分類されています。

 

しかし、「くせ毛や髪のうねりを抑えて頭皮に優しいシャンプー」という視点でみるなら保湿力の高いシャンプーを選ぶのが無難です。

 

たくさんのシャンプーの中でも特にオススメできる保湿系シャンプーはこんな感じのシャンプーです。

 

水素結合に着目した人気ナンバー1くせ毛用シャンプー

 

クイーンズバスルーム薬用ヘアソープ

(500ml/2,484円) トライアルセット有り

 

 

天然保湿成分馬油配合しっとり保湿系シャンプー

 

リマーユシャンプー

(250ml2,484円)シャンプープレゼントキャンペーン中

 

 

脱シリコンで軽い頭皮に東急ハンズ売上第1位

 

uruotte(無香料タイプ)

(260ml/2,592円)初回購入特典付き

 

 

まとめ 

「頭皮の乾燥」はくせ毛や髪のうねりの問題だけでなく、様々な問題を引き起こす原因です。この「頭皮の乾燥」を防ぐだけで、頭皮の健康はみなさんが想像するよりも改善されるでしょう。

 

実際に保湿系のシャンプーを使用し始めてから頭皮のかゆみが減ったとか、匂いやべたつきが減ったとか、くせ毛や髪のうねりが改善されたという人も多いです。(当サイトにお寄せ頂いているお問い合わせの中でもアミノ酸シャンプーに関するものが最も多くなっています。)

 

頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを選ぶことはくせ毛や髪のうねりケアの最初の一歩と言っても過言ではありません。

 

  • 「頭皮の乾燥」に悩んでいる。
  • くせ毛やうねり髪を抑えたい
  • 健康な頭皮、綺麗な髪をつくりたい

 

こんな方は是非一度保湿系のアミノ酸シャンプーを試してみて欲しいと思います。

くせ毛・うねり髪に人気のあのシャンプーを徹底レビュー!


↓詳細はコチラから↓

くせ毛・髪のうねり用シャンプー【クイーンズバスルーム】を徹底検証!本当にくせ毛に効果があるの?

人気のくせ毛・髪のうねり用シャンプーを実際に使って本音でとレビュー!
難しくなりがちなシャンプーの成分解析もわかりやすく解説しています。

どうしてあのシャンプーはくせ毛・うねり髪に効果があるのか?人気の秘密を探ります!

頭皮ケアはシャンプーで決まる!頭皮に優しいシャンプーの選び方関連ページ

頭皮ケアとくせ毛の関係「頭皮が不健康だとくせ毛になりやすい?」
頭皮ケアとくせ毛や髪のうねりの関係について解説します。フケ・かゆみ、べたつき、匂い、乾燥など頭皮の症状がくせ毛や髪のうねり与える影響とは?
頭皮の不健康を生み出す根本的な4つの原因
くせ毛や髪のうねりを招いてしまう頭皮の不健康な状態。この不健康な状態を生み出す4つの根本的な原因について詳しく解説します。
今スグできる「くせ毛対策」の視点でみる5つの頭皮ケア
くせ毛や髪のうねり対策として行う頭皮ケアは運動、栄養、マッサージ、シャンプーなど簡単にできるものばかりです。簡単なので毎日行うことが出来ます。
豊かな食生活こそ健康な頭皮をつくる源
健康な頭皮をつくるためには豊かな食生活は欠かせません。髪や頭皮の元となっている重要な栄養素を理解し毎日の食生活に取り入れていくことが大切です。
頭皮にビタミンCでくせ毛を治す!?予想外の最新技術がすごい
くせ毛やうねる髪の原因に着目。元気のない髪をつくりだしてしまう頭皮に働きかけてしなやかで美しい髪をつくるサポートをしてれるのは最新技術で生まれ変わったビタミンCでした。
運動不足解消で手に入れる!頭皮と髪を元気にする4つの効果
運動不足解消で得られるのは肥満を解消することだけではありません。頭皮や髪にとってたくさんの良い影響を受けることができるのです。
くせ毛やうねり髪に必要不可欠な「血行促進」の強い味方育毛剤を取り入れる
育毛剤は単に薄毛の人だけに有効なわけではありません。くせ毛や髪のうねりなど頭皮の健康に不安を抱えた人なら誰でも使うことができます。育毛剤で血行促進して元気な頭皮と髪の手に入れましょう。
血行を良くする自宅でできる正しい頭皮マッサージのやり方