豊かな食生活こそ健康な頭皮をつくる源

豊かな食生活こそ健康な頭皮をつくる源

ここでは、「くせ毛や髪のうねり改善」の視点で頭皮ケアを考えるカテゴリーの「食生活」について考えていきたいと思います。

 

食生活の大切さについては、もはや語る必要は無いでしょう。

 

食事こそが私達の活力の源であり、食生活の充実こそ最強の美容方法であることは誰もが承知の事実です。


頭皮も髪の食事からできている。

頭皮を形成する皮膚細胞も髪を構成する細胞も、血液も血液を送る血管もすべて私達が普段何気なく摂取している食事で賄われています。

 

タンパク質、脂質、水。これらを材料にして、その他のいろいろな成分の働きによって髪や頭皮細胞がつくられています。

 

当然、材料となるタンパク質や水分などが無くては髪や頭皮はつくることができませんが、タンパク質や水分だけが足りていれば髪や頭皮がつくれるかというと、もちろんそんなことはありません。

 

髪や頭皮をつくるためにはたくさんの栄養素を必要としていて、そのどれか一つ欠けただけでも綺麗な髪をつくることはできなくなってしまうのです。

 

このページでは髪をつくるために必要な成分の中でも特に重要となる3つの成分に絞って解説していきます。

 

 

髪や頭皮に良い3大栄養素食べ物

この3つだけが足りていれば良いというわけではありませんが、この3つなくして健康な髪や頭皮をつくることは難しいのです。

 

とくに女性にとっては髪や頭皮以外の部分でも必要となる成分なので必ず摂るように心がけたい成分です。

 

 

タンパク質

血となり肉となる身体のすべてをつくりだす基本的な材料となる成分です。もちろん髪や頭皮の細胞も全てタンパク質をもとにつくられています。

 

普段の食生活で十分に補うことが容易で意識しなくても必要な量を取ることができる成分ですから無理に意識して摂取する必要はないでしょう。

 

しかし、過度なダイエットなどでタンパク質を避けたりすると必ず身体に不調をきたす原因となるので注意が必要です。特に髪は身体の中でも末端の細胞なのでタンパク質が不足するとすぐに不調が表れてしまいます。

(※身体は重要な器官を先に守ろうとするため、心臓、脳、内臓といった生命維持のために必要な器官を優先的に守るので手足や髪など末端への栄養が一番先に絶たれてしまうのです。)

 

タンパク質を効率よく摂取できる食品

  • 肉、魚、タマゴ、乳製品など動物性タンパク質を多く含む食品
  • 大豆、納豆、豆腐など植物性タンパク質を多く含む食品

 

 

亜鉛

亜鉛は最近になってその重要性が広く一般にも認識されるようになってきましたね。サプリメントなども多数販売されています。

 

頭皮にとって亜鉛はとても有益な成分で、髪の主成分でもあるタンパク質(ケラチン)を合成するときに必ず必要になる成分です。また、ターンオーバー(新陳代謝)を促進する効果もあることから、妊娠、出産、産後や更年期などホルモンバランスが乱れて新陳代謝が滞りがちな時期にはとくに積極的に取り入れたい成分です。

 

その他にも、免疫力の向上やアルコールを分解するときにも活躍する成分で普段のお酒を飲まれる方はサプリメントなども活用して効率的に摂取していきたい成分です。

 

亜鉛は残念ながら体内で貯蓄することの出来ない成分なので、毎日の必要な分を意識的に摂取しなくてはいけません。

 

厚生労働省『日本人の食事摂取基準2010年版』によると、成人女性が1日に必要な亜鉛の摂取が量は約10mgといわれています。妊娠や産後の授乳時のはプラスして2,3mg必要とされています。

 

亜鉛を効率良く摂取することのできる食材

貝類(特に牡蠣)、肉類(ホルモン、レバー)海藻類、ナッツ(アーモンド)

参照⇒厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年度版)亜鉛各論

 

 

各種ビタミン

ビタミンの種類によって、髪や頭皮への働きは変わってきます。しかし、どのビタミンにも共通しているのは血液や血管との関わりが深いということです。

 

ビタミンが不足すると、血流が滞ったり血管が細くなって頭皮の血流不足の原因になります。血流が悪くなると髪をつくる毛乳頭細胞の働きが衰えてしまい結果元気の無い髪が生まれてしまいます。

 

ビタミンは種類がたくさんあるので、大切だと分かっていてもどれをどのように摂っていいのかわからない。そんな方も多いと思います。
「ビタミンの1日の必要な摂取量目安をしってもどうやって摂ったらいいの?」となります。

 

サプリメントで毎日調整しながら摂るのもいいですが、やはりバランスの取れた食事をすることが一番の近道です。

 

こちらも参考になります。⇒ビタミンCを効率よく頭皮の毛細血管に届ける最新技術

ビタミンC 毛細血管を強くする 血行促進
ビタミンA 新陳代謝を促進 頭皮の乾燥、フケ、かゆみをふせぐ
ビオチン 毛細血管を太くして血流を増加 髪の寿命を延ばす

 

ビタミンを効率良く摂取できる食品

  • ビタミンC 野菜、果物、イモ類 ピーマン、トマト、いちご、れもんetc
  • ビタミンA レバー、うなぎ、緑黄色野菜
  • ビチオン 魚介類(カレイ、あさり)、ナッツ類、豆類

 

 

3代栄養素を効率よく摂取するためには

これらの必要な栄養を効率良く摂る方法。これはもう、単純に普段の食生活を見直すことしかないんですね。

 

インスタントや外食ばかりでは栄養は偏るし、栄養バランスのとれた食事であっても一日に一回しか食べないのでは身体によくありません。

 

正しい食事方法というのは現代人であれば皆知っているんですね。

 

3度の食事をキチンと毎日同じ時間に腹八分目くらい食べる。余計な間食はしない。寝る直前には食べない。

 

基本的なことを毎日確実に行うことこそ豊かな食生活を築き上げる基本だし、それがないと美容や健康を妨げてしまうことになってしまうのです。

 

身体が不調になったとき髪や頭皮は真っ先に不調のサインを出します。

 

髪や頭皮が不調のサインを出したなら、真っ先に食生活を見直すことからはじめるべきですね。

 

くせ毛・うねり髪に人気のあのシャンプーを徹底レビュー!


↓詳細はコチラから↓

くせ毛・髪のうねり用シャンプー【クイーンズバスルーム】を徹底検証!本当にくせ毛に効果があるの?

人気のくせ毛・髪のうねり用シャンプーを実際に使って本音でとレビュー!
難しくなりがちなシャンプーの成分解析もわかりやすく解説しています。

どうしてあのシャンプーはくせ毛・うねり髪に効果があるのか?人気の秘密を探ります!

豊かな食生活こそ健康な頭皮をつくる源関連ページ

頭皮ケアとくせ毛の関係「頭皮が不健康だとくせ毛になりやすい?」
頭皮ケアとくせ毛や髪のうねりの関係について解説します。フケ・かゆみ、べたつき、匂い、乾燥など頭皮の症状がくせ毛や髪のうねり与える影響とは?
頭皮の不健康を生み出す根本的な4つの原因
くせ毛や髪のうねりを招いてしまう頭皮の不健康な状態。この不健康な状態を生み出す4つの根本的な原因について詳しく解説します。
今スグできる「くせ毛対策」の視点でみる5つの頭皮ケア
くせ毛や髪のうねり対策として行う頭皮ケアは運動、栄養、マッサージ、シャンプーなど簡単にできるものばかりです。簡単なので毎日行うことが出来ます。
頭皮にビタミンCでくせ毛を治す!?予想外の最新技術がすごい
くせ毛やうねる髪の原因に着目。元気のない髪をつくりだしてしまう頭皮に働きかけてしなやかで美しい髪をつくるサポートをしてれるのは最新技術で生まれ変わったビタミンCでした。
運動不足解消で手に入れる!頭皮と髪を元気にする4つの効果
運動不足解消で得られるのは肥満を解消することだけではありません。頭皮や髪にとってたくさんの良い影響を受けることができるのです。
くせ毛やうねり髪に必要不可欠な「血行促進」の強い味方育毛剤を取り入れる
育毛剤は単に薄毛の人だけに有効なわけではありません。くせ毛や髪のうねりなど頭皮の健康に不安を抱えた人なら誰でも使うことができます。育毛剤で血行促進して元気な頭皮と髪の手に入れましょう。
血行を良くする自宅でできる正しい頭皮マッサージのやり方
頭皮ケアはシャンプーで決まる!頭皮に優しいシャンプーの選び方
頭皮の乾燥を引き起こすシャンプーによる洗いすぎ。これを防ぐことで頭皮の乾燥は改善されくせ毛やうねり髪まで改善することができます。頭皮の乾燥防ぐシャンプーの選び方やオススメのシャンプーを紹介します。