頭皮にビタミンCでくせ毛を治す!?予想外の最新技術すごい

どうしてくせ毛やうねった髪が生えて来るのか?について考えてみよう!

くせ毛や髪のうねりが出てくるどうしても髪質ばかりに目が行きがちです。

 

髪が細い。ハリ、コシがない。デコボコしている。

 

そして、どうやってこのうねった髪を抑えようか?と今あるこのうねった髪をなんとかしようと努力するわけです。


 

縮毛矯正やヘアアイロン、スタイリング剤などありとあらゆる手段をつかって自分の思い通りの髪型になるように格闘するんですね。

 

 

でも、くせ毛やうねる髪ばかりに気を取られて、肝心の『どうしてこんな髪が生えて来るのか?』と言う部分を真剣に考える人は少ないです。

 

そこまで考える余裕がないのかもしれません。
あるいは、「くせ毛は遺伝だからなにしても無意味だ」と諦めてしまっているのかもしれません。

 

でも、どうしてこんな髪が生えて来るのか?についての答えが分かれば対策も見えてきます。

 

「どうしてこんな髪が生えて来るのか?」
「一体頭皮でどんなことが起きているのか?」

 

大切なのは、くせ毛や髪のうねりを産みだしてしまうその原因を知り、しっかりと対策していくことです。

 

髪は毛母細胞によってつくられる

髪をつくる工場の働きをする細胞。それが毛母細胞(もうぼさいぼう)と呼ばれる毛穴の根元にある細胞です。文字通り、毛を産み出す母なる細胞なんです。

 

綺麗な髪もくせ毛のようにうねった髪も当然この毛母細胞でつくられるわけですが、この毛母細胞の働きが弱くなるとくせ毛やうねりのついた髪を産みだしてしまいます。

 

毛母細胞の活動が低下すると髪を作り出すスピードが遅くなったり早くなったり不安定な状態になるためデコボコの髪ができてしまうんです。

 

 

毛母細胞細胞の活動が弱くなってしまうとくせ毛やうねった髪ができてしまいます。

 

髪に栄養を届ける力が弱くなっている。

 

では、毛母細胞の活動が低下してしまう原因はなにか?というと、それは毛母細胞に栄養を送る毛細血管が細くなってしまうからなんです。

 

毛細血管が細くなってしまうと当然血流は滞りがちになり、髪をつくるのに必要な栄養を十分に毛母細胞に送ることができなくなってしまいます。

 

血管が細くなって十分な血液が流れなくなると、髪はタンパク質の結合がうまくできなくなり、結果デコボコの髪やうねうねとうねる髪になってしまうんですね。

 

 

つまり、くせ毛や髪のうねりを産みだしてしまう頭皮では「毛細血管が細くなって血流が足りなくなっている」という状況になっているんです。

 

毛細血管を元気にするにはどうしたら良いの?

毛細血管を元気にして毛母細胞を活発にすれば髪のうねりやくせ毛なない素直な髪をつくれるわけです。

 

じゃぁ、毛細血管を強くて元気な血管にするにはどうしたら良いのでしょうか?

 

 

答えは簡単で、毛細血管の材料となる物質『コラーゲン』を体内で作れば良いんです。

 

コラーゲンは体内でつくることのできる成分です。コラーゲンを体内で生成するにはタンパク質を分解してできるアミノペプチドと言う成分をつなぎ合わせてつくります。

 

このアミノペプチド同士をつなぎ合わるためにはビタミンCが必要になってきます。

 

コラーゲンをつくるにはビタミンCが必要

 

ビタミンCには弱点がある。

食事やサプリで手軽に摂取できるタンパク質(アミノペプチド)と違って、コラーゲンをつくるために必要なビタミンCはとても繊細な栄養素で必要な量を摂取するのがとても難しいんです。

 

ビタミンCは体内に蓄えることができないため、常に食事から摂取しておく必要があるのですが、ビタミンCには他の成分にはない致命的な弱点があってなかなか必要な場所にビタミンCを送ることできなくなったりします。

 

そのビタミンCの弱点とは、熱や空気に弱いということ。水に溶けやすくて調理の際にすべて流れでてしまうといこと。経口摂取しただけでは吸収されにくく、また皮膚に塗っても浸透しにくいという点です。

 

ビタミンCの弱点

  • 体内に蓄えることができない
  • 熱や空気に弱い(壊れてしまう)
  • 水に弱い(すぐに溶けて流れてしまう)
  • 吸収されにくい(体内で吸収されにくい)
  • 浸透されにくい(皮膚にぬっても浸透しない)

 

これらの弱点があるため、例えビタミンCの豊富な食事をとったとしても、必要な部分に十分なビタミンCを届けることができないといったケースも多いのです。

 

事実、日本人の3人に2人はビタミンCが不足していると言われています。
(ビタミンCが不足するとかゆみ、むくみ、ニキビ、肌荒れなどを起こします。)

 

 

食事やサプリなどでは効率的にビタミンCを摂取することは難しいので、その弱点を補うために現代科学は『ビタミンC誘導体』というものを作りました。

 

美白化粧品なんかに配合されていますね。浸透力が普通のビタミンCに比べると高いとしてとても重宝されています。

 

ただ、このビタミンC誘導体にしても頭皮の奥深くの毛細血管までは届きません。

 

育毛業界では長年この問題に立ち向かってきました。元気な髪をつくるにはビタミンCを頭皮の奥深くにある毛細血管に届けることが必要なのはわかっているのに、ビタミンCは壊れやすいためなかなか毛細血管に届けることができない。

 

 

そんな問題を解決する新しい技術が最近になって開発されました。

 

ビタミンCを効率よく頭皮の毛細血管に届ける最新技術

ビタミンCをダイレクトに届ける技術がすごい
美容大国韓国で開発され、世界で特に権威のある学術雑誌のひとつNatureにも掲載され今話題になっています。

 

世界有望8大技術にも選ばれたその技術は壊れやすく経口摂取しても頭皮まで1%も届かなかったビタミンCを直接頭皮に塗ることで12時間も持続して浸透させます。

 

日本ではまだ化粧品として分類されますが、韓国では医薬部外品とし認定されています。

 

くせ毛や髪のうねりの根本的な原因となっている頭皮に働きかけしなやかで元気な髪づくりをサポートしてくれる新しいアイテムです

 

 


頭皮にビタミンCでくせ毛を治す!?予想外の最新技術がすごい関連ページ

頭皮ケアとくせ毛の関係「頭皮が不健康だとくせ毛になりやすい?」
頭皮ケアとくせ毛や髪のうねりの関係について解説します。フケ・かゆみ、べたつき、匂い、乾燥など頭皮の症状がくせ毛や髪のうねり与える影響とは?
頭皮の不健康を生み出す根本的な4つの原因
くせ毛や髪のうねりを招いてしまう頭皮の不健康な状態。この不健康な状態を生み出す4つの根本的な原因について詳しく解説します。
今スグできる「くせ毛対策」の視点でみる5つの頭皮ケア
くせ毛や髪のうねり対策として行う頭皮ケアは運動、栄養、マッサージ、シャンプーなど簡単にできるものばかりです。簡単なので毎日行うことが出来ます。
豊かな食生活こそ健康な頭皮をつくる源
健康な頭皮をつくるためには豊かな食生活は欠かせません。髪や頭皮の元となっている重要な栄養素を理解し毎日の食生活に取り入れていくことが大切です。
運動不足解消で手に入れる!頭皮と髪を元気にする4つの効果
運動不足解消で得られるのは肥満を解消することだけではありません。頭皮や髪にとってたくさんの良い影響を受けることができるのです。
くせ毛やうねり髪に必要不可欠な「血行促進」の強い味方育毛剤を取り入れる
育毛剤は単に薄毛の人だけに有効なわけではありません。くせ毛や髪のうねりなど頭皮の健康に不安を抱えた人なら誰でも使うことができます。育毛剤で血行促進して元気な頭皮と髪の手に入れましょう。
血行を良くする自宅でできる正しい頭皮マッサージのやり方
頭皮ケアはシャンプーで決まる!頭皮に優しいシャンプーの選び方
頭皮の乾燥を引き起こすシャンプーによる洗いすぎ。これを防ぐことで頭皮の乾燥は改善されくせ毛やうねり髪まで改善することができます。頭皮の乾燥防ぐシャンプーの選び方やオススメのシャンプーを紹介します。